EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「少人数学級に関する意識調査」、小学校では半数以上が「21人以上30人以下」が適切と回答

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/01 15:05

 インテージリサーチは、全国の16~79歳の男女を対象に、適正と考えるクラス人数を尋ねた「少人数学級に関する意識調査」の結果を11月30日に発表した。

 同調査は、10802名に対して、7月31日~8月3日に行われている。

 調査対象者に、適正と考えるクラス人数を学校区分別で尋ねたところ、小学校は半数以上が「21人以上30人以下」と回答した。中学校、高等学校と生徒の年齢が上がるにつれて、「31人以上40人以下」を適正とする人の割合が高くなっている。

適正と考えるクラスの人数

 小学生と同居している人は、「21人以上30人以下」を適正なクラス人数と考える割合が62.1%に達しており、同居していない人と比較して6.8ポイント高い。

小学校で適正と考えるクラスの人数

 居住地域別では、北海道では「31人以上40人以下」を適正とする回答が38.2%、東北地方では「21人以上30人以下」を適正とする回答が73.2%で、他の地域よりも高かった。

適正と考えるクラスの人数(地域別)

 文部科学省が行った「令和元年度学校基本調査」によれば、現状ではクラス人数が「31人以上40人以下」の割合が高いものの、今回の調査ではいずれの地域でも「21人以上30人以下」を適正と考える割合が高い。また、地域別では現状「20人以下」が多い北海道・東北・九州地方において、「21人以上」を望む意見が多かった。

 中学生と同居している人が考える「中学校の適正なクラス人数」は、北海道や近畿地方、関東地方では「31人以上40人以下」が約半数だったのに対して、東北・中部地方などでは「21人以上30人以下」の割合が高い。

中学校における適正と考えるクラスの人数

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0