EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

約8割の保護者が子どもに金融教育を行っていないももの、約7割は小学校低学年以下から必要と回答

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/20 14:05

 イー・ラーニング研究所は、子どもを持つ保護者を対象に実施した「2020年子どものお小遣い・金融教育に関する調査アンケート」の結果を、11月18日に発表した。

 同調査は、子どもを持つ20~50代の保護者216名に対して、10月8日~11月5日に行われている。

 調査対象者に、新型コロナウイルス感染症の感染拡大前後で、子どものお小遣いの金額が変わったかを尋ねたところ、「変わらない」という回答が56.5%に達し、「渡してない」という回答も34.3%に達した。

新型コロナウイルス感染拡大前後で、子どものお小遣いの金額は変わりましたか

 お小遣いの金額は、「2001円~3000円」がもっとも多く、「1001円~2000円」と「501円~1000円」が僅差で続いている。

お小遣いの金額

 お小遣いの渡し方は、9割以上が「現金」だが、「プリペイドカード」や「ICカード」、「スマホ決済サービス」を併用している人もみられた。

お小遣いの渡し方

 お小遣いのキャッシュレス化に関心があるかを尋ねた質問では、59.7%が関心があると答えている。

お小遣いのキャッシュレス化に関心がありますか

 子ども自身が交通系ICカードなど、現金以外でお金を使うことがあるかを尋ねたところ、39.8%があると回答した。

子ども自身が交通系ICカードなど現金以外でお金を使うことはありますか

 子どもが現金以外でお金を使うことがあると答えた人に、その手段を尋ねた質問(複数回答)では、「ICカード」が他に圧倒的な差をつけて1位となっている。

現金以外で子どもがお金を使用する手段

 子どもに金融教育を行っているかを尋ねたところ、77.8%が金融教育を行っていなかった。

子どもの金融教育を行っていますか

 子どもに対する金融教育を、いつから行うべきかを尋ねた質問では、小学校低学年以下という回答が約7割に達している。

子どもの金融教育はいつから必要か

 金融教育で特に学ばせたいこととしては、「資産運用」「投資」「仮想通貨」の順となった。

金融教育について特に学ばせたいことは何ですか

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0