SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

Jamf、macOS Big Surをアップデート当日よりサポート

 Jamfは、AppleのmacOS Big Surアップデートのサポートと主要機能の拡張の対応がmacOS Big Surアップデート当日に可能である、「同日サポート対応」を11月13日に発表した。

 「同日サポート対応」では、AppleのセキュリティにJamfを利用するユーザーに対して、macOS Big Surのリリース当日から、同OSへのアップグレードが可能となる。エンドポイントセキュリティソリューションが、エンドユーザーや組織のセキュリティに影響を与えることなく、macOS Big Surとシームレスに機能する。

 Jamfは、Appleのベータリリースでの広範なテストを通じて、ソリューションポートフォリオ全体でmacOS Big Surを含むAppleの2020年秋リリースのすべてのバージョンとの互換性を保証している。

 macOS Big Surでは、ユーザーのプロビジョニング、エンタープライズワークフロー、組織のセキュリティ強化において、組織を支援する強力な機能を提供する。さらにJamfを使用することで、User Approved MDMによる新しい範囲の設定を管理できるようになった。

 教育機関向けとしては、学校におけるマネージドアプリの設定や、すでにインストールされているアプリのマネージドへの変換を可能にしたほか、MacやiPadから生徒のiPadを管理できる「Jamf Teacher App for Jamf School on Mac」をリリースしている。

 さらに「Jamf School」では、学校から支給されたLTE/セルラー対応iPadを、生徒に配布する前に一括でアクティベーション可能になった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4736 2020/11/16 13:45

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング