SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

2022卒大学院生の9割超が就職活動に不安、新型コロナによる採用減を懸念

 アカリクは、2022年卒大学院生(修士・博士)の就職活動に関する実態把握を目的に実施した、アンケート調査の結果を11月11日に発表した。

 同調査は、同社のサービス会員のうち2022年卒の大学院生(修士・博士)に対して9月28日~10月9日の期間に行われ、96名から有効回答を得ている。

 調査対象者のうち、「修士在学中」は56.3%、「博士在学中」は43.7%だった。

在籍情報

 自身の研究にもっとも近い分野を尋ねたところ、「生物・農学系」が19.8%、「物理系」が13.5%、「医学・薬学系」が11.5%となっている。

自身の研究にもっとも近い分野

 学部生や修士の頃に、就職活動の経験があるかを尋ねた質問では、75.0%が「今回がはじめて」と回答した。

過去の就職活動経験

 就職活動のうち、すでに行ったもの、現在継続中のものをすべて選んでもらったところ(複数回答)、「友人や先輩・後輩からの情報収集」(71.9%)がもっとも多く、以下「インターンシップの情報収集」「業界・業種研究」(どちらも66.7%)が続いている。

就職活動ですでに行ったもの、現在継続中のもの

 就職活動について、今知りたいこととしては(複数回答)、「ESや面接・自己PRについて」(61.5%)が最多で、「志望企業の業務内容や社内の雰囲気などの情報」(56.3%)がそれに続いた。

就職活動について今知りたいこと

 就職活動に不安があるかを尋ねたところ、「とてもある」が55.2%、「ある」が38.5%に達している。

就職活動について不安はあるか

 就職活動への不安が「とてもある」「ある」と答えた人に、その内容を尋ねた質問(複数回答)では、「新型コロナウイルスの影響による採用枠の減少」「自分のスキル、実績、経験の不足」という回答がどちらも68.9%だった。

就職活動に対する不安の内容

 そのほか、就職活動に関して考えていること、感じていることとしては、「オンラインでのコミュニケーションが取りづらい」「周りに同じ境遇の人がいないので困った時に頼る人がいない」といった意見が寄せられている。

 現時点での、企業からの内定の有無を尋ねたところ、「もっている」が1.0%、「もっていない」が99.0%だった。

現時点での企業からの内定の有無

この記事は参考になりましたか?

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4717 2020/11/12 12:15

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング