SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

TOEFL iBTテスト自宅受験「TOEFL iBT Home Edition」、2021年以降の継続的な実施が決定

 TOEFLテスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)は、新型コロナウイルス感染防止の対応策として今年3月(日本では4月)から実施してきたTOEFL iBTテスト自宅受験「TOEFL iBT Special Home Edition」について、受験者やスコア受取団体等からのニーズに応え、TOEFLプロダクトの一環として2021年以降も継続して実施することを決定した。継続的な実施決定を受けて、名称は「TOEFL iBT Special Home Edition」から「TOEFL iBT Home Edition」に更新される。

 ETSおよびTOEFLプログラムは、今年3月(日本では4月)、新型コロナウイルス感染拡大によりテスト会場でのTOEFL iBTテスト受験が出来ない状況への対応策として、いち早く自宅受験「TOEFL iBT Home Edition」を導入。3月の導入以降これまでに163か国・地域で40万人以上の受験者が自宅受験のテストを受験している。

 本テストは、テスト会場で受験する通常のTOEFL iBTテストと同じ内容、フォーマット、画面のテストをProctorUの試験監督者によるオンライン監視の下、受験者自身のパソコンを使用して自宅で受験するもので、そのスコアは会場での受験と同じく、TOEFL iBTテストの公式スコアとして教育機関等で活用される。

 「TOEFL iBT Home Edition」が2021年以降もTOEFLプロダクトの一環として継続的に実施されることにより、TOEFL iBTテストは、今後も受験者自身が「自宅受験」「テスト会場受験」を選択できる体制が継続される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4715 2020/11/12 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング