EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

塾予備校ナビが浪人生活の実態調査結果を発表、国公立と私立、進学先によって回答に差も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/08 08:00

 塾予備校ナビは、大学受験で浪人をしたことがある18歳以上を対象に実施した、「浪人生活の実態調査-浪人は楽しかった?辛かった?」についての調査結果を、10月7日に発表した。

 同調査は、ネット調査90名、街頭調査90名に対して、9月15日~29日の期間に行われている。

 調査対象者に、浪人生活をひと言で表してもらったところ、「辛かった」(60%)がもっとも多かった。一方で、30%は「楽しかった」と答えている。

浪人時代を振り返って一言で表すと?

 浪人生活を「辛かった」と回答した人に、その理由を尋ねた質問では、「ずっと孤独で勉強と向き合っていて精神的に辛い時期があった」「高校の同級生の中で浪人する人が少なかった」「成績が思うように伸びなかった」「志望校に合格できなかった」といった意見が寄せられた。

 浪人生活を「楽しかった」と回答した人に、その理由を尋ねたところ、「予備校で気があう友だちがたくさんできたから」という意見が最多となっている。なお、浪人生活について「楽しかった」と答えた人の約8割は男性だった。

 浪人生活を「恥ずかしかった」と回答した人に、その理由を尋ねた質問では、「現役合格している同級生たちと自分を比べてしまった」「親に迷惑をかけていると感じていたから」「電車で参考書を開いたりしたときの周囲の視線」といった意見が寄せられている。

 そのほか、国公立大学への進学者の約7割が浪人生活を「辛かった」と回答する一方で、私立大学への進学者では約6割が「楽しかった」と答えており、私立大学進学者と国公立大学進学者では、浪人生活の実態に大きな差があることが明らかになった。

国公立大学進学者の場合
私立大学進学者の場合

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0