EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

トモノカイ、東海大学と共同で主体的学習を分類・指標化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/01 17:05

 トモノカイは、東海大学情報教育センターの白澤秀剛講師とともに進めている共同研究の成果「学習行動頻度を用いた中高生版主体的学習分類尺度の開発」を、9月2日~5日に開催された「教育システム情報学会第45回全国大会」で発表した。

 同研究では、トモノカイ学習デザイン事業が2000名超の生徒の学習行動におけるデータを収集している。

 同社は、東海大学とともに行ったデータの分析によって、生徒の主体性の変化を可視化するための尺度を開発した。

学主体的学習分類
主体的学習分類

 分析によれば、学年進行によって生徒の主体性の分類が変化する傾向がみられる。

学年推移と主体的学習分類比
学年推移と主体的学習分類比

 また、学校やコースによって、主体性分類の構成比が異なることが確認されたほか、同分類によって家庭学習時間などの割合の違いがみられた。

主体的学習分類と週の平均学習時間割合
主体的学習分類と週の平均学習時間割合

 これらの研究結果は、トモノカイが展開する放課後学習支援事業への活用や、ICT教育および総合的な探究活動の効果測定、指導方針の策定への応用が期待される。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0