EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ロボット競技会への参加を支援する「FLL学校チャレンジ」が参加校を募集中

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/31 16:10

 青少年科学技術振興会FIRST Japanとレゴ エデュケーションは、国際的なロボット競技会「FIRST LEGO League」(ファーストレゴリーグ、以下FLL)の国内での普及と小中学校のプログラミング教育への貢献を目的に、ロボット教材の無償提供や指導者講習の無料実施などのサポートを提供する「FLL学校チャレンジ」を開始し、参加を希望する小中学校を全国から募集している。期間は9月30日まで。

 FLLは1998年に始まった、9歳~16歳を対象とする国際ロボット競技会。日本ではFIRST Japanとレゴ エデュケーションが運営している。

 「FLL学校チャレンジ」はFLL参加支援プログラムで、全国の小中学校限定20校にFLLで使われるロボット教材、大会セットを無償提供するだけでなく、指導者講習会の無料実施や大会参加費の割引などのサポートを提供し、FLLへ参加を希望する学校がロボット競技会を通してプログラミング学習に取り組みやすい環境作りをサポートするもの。

 FLLは年齢に応じ、小学1年~小学3年を対象とした「Explore」と小学4年~高校1年を対象とした「Challenge」のカテゴリーに分かれており、今回それぞれ10校を募集する。なお、提供されるロボット教材は「Explore」が「レゴ WeDo 2.0」、「Challenge」が「レゴ エデュケーションSPIKEプライム」となる。大会セットには、大会で使用するミッションキット、生徒用の活動ワークブック、教師用のガイドブックが含まれる。

FLL Explore「レゴ WeDo 2.0」と大会セット
FLL Explore「レゴ WeDo 2.0」と大会セット
FLL Challenge「レゴ エデュケーションSPIKEプライム」と大会セット
FLL Challenge「レゴ エデュケーションSPIKEプライム」と大会セット

 「FLL学校チャレンジ」のプログラム内容は以下の通り。

募集対象

  • 全国の小中学校(国公私立問わず)

採択数

  • FLL Explore(対象:小学1年~小学3年):10校
  • FLL Challenge(対象:小学4年~高校1年):10校

募集期間

  • 7月16日~9月30日(定員に達し次第募集を終了)

応募方法

  • FIRST JapanのWebサイトの申し込みフォームより応募

サポート内容

FLL Challenge(小学4年~高校1年対象)
  • レゴ エデュケーションSPIKEプライム基本セット2セット、同拡張セット2セット無償提供
  • FLL2020チャレンジセット(大会キット)1セット無償提供
  • 選手・コーチ用ワークブック(テキスト)無償提供
  • 指導者向け講習会無料実施(オンラインにて)
  • FLL公式ガイドブック無償提供
  • 2年間大会登録費割引:2020年度1チーム8000円(税別)
FLL Explore(小学1年~小学3年対象)
  • レゴ WeDo2.0基本セット2セット無償提供
  • FLL2020インスパイアセット(大会キット)1セット無償提供
  • 選手・コーチ用ワークブック(テキスト)無償提供
  • 指導者向け講習会無料実施(オンラインにて)
  • 2年間大会登録費割引:2020年度1チーム4000円(税別)

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0