EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

マカフィーが教育機関向け新ライセンスを提供開始、オンライン授業の広がりを受け

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/03 15:40

 マカフィーは、教職員1名につき40ライセンスを生徒または共用デバイスに適用可能とする、教育機関対象の新ライセンス「Secure Schools Protect Standard」と「Secure Schools Protect Plus」の提供を、7月13日より開始した。同社が、こうした形式で教育機関向けライセンスを提供するのは初めて。

 今回提供される教育機関向け新ライセンスは、オンライン授業実施の広がりと、「GIGAスクール構想」実現に向けて、教育機関への支援を強化することを目的としている。

対象機関

  • 学校教育法で定められた学校など教育機関
  • 教育委員会・学校法人
  • 国・地方公共団体が設置するその他の教育機関・施設
  • 文部科学省が設置する大学共同利用機関法人
  • 職業能力開発促進法で定められた公共職業能力開発施設
  • 放送大学学園法に定められた放送大学学園

ライセンスに含まれる製品・サービス

「Secure Schools Protect Standard」「Secure Schools Protect Plus」共通

管理
  • McAfee MVISION ePO(SaaS)
  • McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)
  • McAfee Data Exchange Layer
機能
  • McAfee MVISION Endpoint(Windows 10のみ対応)
  • McAfee Endpoint Security for Windows(Adaptive Threat Protection(ATP)付属)
  • McAfee Endpoint Security for Mac OS
  • McAfee Endpoint Security for Linux
  • McAfee Device Control

「Secure Schools Protected Plus」のみ

管理
  • McAfee Threat Intelligence Exchange
機能
  • McAfee MVISION Mobile(AndroidおよびiOS対応)
  • McAfee Application Control for PCs
  • Management of Native Encryption
  • File and Removable Media Protection

参考価格

 1(教職員)ノードあたり、「Secure Schools Protect Standard」が587円、「Secure Schools Protected Plus」が1742円(いずれも税別)。教職員ライセンスの購入で、教職員1名につき40ライセンスを生徒または共用デバイスに適用可能となる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0