SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

旺文社、学習参考書の企画を募集する「学びを変える!未来の『学参』企画大賞」の受賞作品を発表

 旺文社は、2019年7月より募集してした「学びを変える!未来の『学参』企画大賞」の受賞作品を6月30日に決定、「敢闘賞」として3作品が選出された。

 「学びを変える!未来の『学参』企画大賞」では、既成の枠にとらわれない、小中高校生のための「理想の学習参考書」の企画・原稿をプロアマ問わず広く募集した。作品が旺文社より出版できる大賞は該当作品がなかったが、以下の3作品が敢闘賞として選出された。

作品タイトル:『レキシンク ―日本史学習のアップデート20選!―』

  • 受賞者:古川剣士氏
  • 内容:高校学参(日本史)

作品タイトル:『毎日、デザイン。』

  • 受賞者:マツオカヒデキ氏
  • 内容:小学学参他(芸術など)

作品タイトル:『桃太郎漢文』

  • 受賞者:浅見和寿氏、田中良彦氏
  • 内容:中学・高校学参(漢文)

 敢闘賞の受賞者には、副賞として賞金10万円が贈呈される。

 なお、『桃太郎漢文』の浅見和寿氏はEdTechZineで人気連載「ゼロから始めてここまでできる! 公立高校でのICT教育実践」を執筆している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4159 2020/07/15 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング