EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

隠岐の島町教育委員会など、1年の実証実験を通じ、離島教員の遠隔研修モデルを構築

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/05 16:00

 隠岐の島町教育委員会、島根県立大学、OKIワークウェルは、1年間の実証実験を経て、「離島教員の特別支援教育の専門性を持続的に向上させる遠隔研修モデル」の構築に成功したことを、3月4日に発表した。

 実証実験は、隠岐の島町立小中学校の特別支援教育に関わる教員13名を対象に、「OKIアイランドプロジェクト」として2019年4月から実施し、島根県立大学で特別支援教育の専門教員をつとめる西村健一准教授による教育現場の課題解決に役立つ研修を、OKIワークウェルのバーチャルオフィスシステム「ワークウェルコミュニケータ クラウド」を活用して、6回にわたって遠隔で実施している。

 研修において、西村准教授は研修のファシリテーターとして、単なる講義に留まらない専門的な助言も行い、参加した教員は各学校にいながら、学校現場における特別支援教育の専門性、および現場解決能力の向上につながる学習をすることができた。

 構築に成功した「離島教員の特別支援教育の専門性を持続的に向上させる遠隔研修モデル」は、離島のすべての小中学校と専門家をICT技術で結び、勤務校からの参加を実現しており、各学校だけでは対応が難しかった事例を、専門家とともに「問題行動の特定」→「行動の原因分析」→「支援方法の特定」といった流れに沿って段階的に話し合うことで、全員が支援の根拠を理解し、教育現場で実施できる支援方法をともに導き出し、共有可能となっている。

隠岐の島町での研修風景
隠岐の島町での研修風景

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0