Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

IGS、学校向けオンライン英語学習プラットフォーム「e-Spire」を無償提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/03 14:20

 Institution for a Global Society(以下、IGS)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校活動を休止する(または一部休止や休止予定を含む)全国の中学・高校へオンライン英語学習プラットフォーム「e-Spire」のサービスを3月9日~4月30日の期間中、無償提供する。

「e-Spire」のメイン画面

「e-Spire」のメイン画面

 今回、無償提供されるのは、「e-Spire」VRLW(外部採点なし)プランで、受講開始レベルは全て「1」。

 同教材はVOCABULARY、READING、LISTENING、WRITINGの4つのユニットで構成されており、各ユニットには単語や表現を限定した入門・初級レベルから英語の母語話者に近い上級レベルまで幅広い難易度の問題が用意されている。生徒は各自の英語力や学習ペースに合わせて、演習問題とトレーニングに自由に取り組むことができる。

 生徒の自学自習を支え、先生も学習進捗を遠隔で把握しやすい同教材の無償提供により、教育現場への支援を行う。

 また、同教材はTOEFLテストの構造に沿って設計されており、これからの海外留学・研修が延期・中止されている生徒にとっても、渡航前の準備や英語力の向上に役立てることができる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0