EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

デジタル問題集の「Libry」、春休み終了まで一部コンテンツを無償提供、新型コロナによる臨時休校対策として

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/28 19:00

 スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発するLibryは、 新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校対策として、 全国の中学校・高等学校に対して、 コンテンツの一部を無償で提供する。 利用できる期間は、春休み期間終了まで。

 「リブリー」は、 既存の教科書や問題集をデジタル化し、 生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるデジタル教材。

 臨時休校で、 宿題用のプリント作成などが間に合わない場合でも、 問題を選ぶだけで、パソコンやタブレット、 スマートフォンから宿題を出すことができる。 また、 生徒たちの宿題の進捗状況もリアルタイムで確認できる。

 今回の無償提供の対象となるのは、すべての中学校・高等学校で、過去にトライアルで利用したことのある学校も申し込み可能。利用には sales@libry.jp へメールでの申し込みが必要。

 無償提供の期間は、春休み期間終了(2020年4月上旬)まで。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0