Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

教育プラットフォーム「Classi」、「板書」や「音声」に含まれる単語を抽出し、学習動画の検索が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/12 11:30

 Classiは、同社が提供する教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」における学習動画の検索機能をアップデートしたことを、12月10日に発表した。

 「Classi」は、アダプティブラーニング、アクティブ・ラーニング、コミュニケーション、ポートフォリオの4つの視点で「新たな学び」を支援するクラウドサービス。「Classi」が提供する学習動画は、各生徒のテスト結果に基づいた動画がレコメンドされており、生徒一人ひとりの学習進捗度に合わせた(個別最適化された)学習で活用できる。

 今回、従来の動画タイトルに含まれる単語による検索に加えて、動画内の「板書」や「音声」に含まれる単語による検索が可能となった。また、「板書」「音声」はともに英語と日本語に対応しており、対象コンテンツは「Classi 学習動画 高校ベーシック」で掲載している英語・数学・国語教科に関する1000本。

学習動画の検索機能がアップデート
学習動画の検索機能がアップデート

 具体的には、「Classi」学習動画内の「板書」や講師の「音声」に含まれている重要かつ登場頻度の高い単語を、AIが自動抽出することで、「板書」や「音声」の内容からでも動画を検索することが可能となった。志望校の試験頻出作品に絞って学習したい場合や、苦手な分野を強化したい場合などにおいて、効果的に学習動画を活用できる。

 なお、検索性能の向上により、学習動画の視聴回数が前年度から117%増加しており、生徒の学習意欲の向上につながっている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0