SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

教育プラットフォーム「Classi」、「板書」や「音声」に含まれる単語を抽出し、学習動画の検索が可能に

 Classiは、同社が提供する教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」における学習動画の検索機能をアップデートしたことを、12月10日に発表した。

 「Classi」は、アダプティブラーニング、アクティブ・ラーニング、コミュニケーション、ポートフォリオの4つの視点で「新たな学び」を支援するクラウドサービス。「Classi」が提供する学習動画は、各生徒のテスト結果に基づいた動画がレコメンドされており、生徒一人ひとりの学習進捗度に合わせた(個別最適化された)学習で活用できる。

 今回、従来の動画タイトルに含まれる単語による検索に加えて、動画内の「板書」や「音声」に含まれる単語による検索が可能となった。また、「板書」「音声」はともに英語と日本語に対応しており、対象コンテンツは「Classi 学習動画 高校ベーシック」で掲載している英語・数学・国語教科に関する1000本。

学習動画の検索機能がアップデート
学習動画の検索機能がアップデート

 具体的には、「Classi」学習動画内の「板書」や講師の「音声」に含まれている重要かつ登場頻度の高い単語を、AIが自動抽出することで、「板書」や「音声」の内容からでも動画を検索することが可能となった。志望校の試験頻出作品に絞って学習したい場合や、苦手な分野を強化したい場合などにおいて、効果的に学習動画を活用できる。

 なお、検索性能の向上により、学習動画の視聴回数が前年度から117%増加しており、生徒の学習意欲の向上につながっている。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/3058 2019/12/12 11:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング