EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

辞書アプリ「DONGRI」、1ライセンスでプラットフォームによらず3台まで利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/19 17:00

 イーストは、辞書アプリ「DONGRI」において、辞書コンテンツを1ライセンス購入すると、iOS、Android、Windowsのプラットフォームを横断して、計3台までネイティブアプリ版を利用できるようにする「マルチプラットフォームライセンス」を2019年度中に開始する。これにあわせて、「DONGRI」のライセンス形態のサブスクリプション型への移行を行う。

 「マルチプラットフォームライセンス」によって、辞書コンテンツを購入すれば、1ライセンスで計3台(異なるプラットフォームでも可)まで、追加費用なしで「DONGRI」を使えるため、学校ではiPad/Chromebook/Windowsといった1人1台端末で、登下校時はスマートフォンで、帰宅後は自宅のパソコンや持ち帰った端末で、といういつでも・どこでも学習が実現する。

 マルチプラットフォームに対応する「DONGRI」なら、BYOD(Bring Your Own Device)を導入し、生徒が自身の端末を持ち込んで活用する学校でも辞書アプリの一本化が可能で、ChromebookならWeb版とAndroid版の両方を利用できる。

 なお、「DONGRI」の閲覧履歴としおりはクラウドで一元管理するため、どの端末の「DONGRI」でも最新の履歴やしおりへのアクセスが可能になっている。また、ライセンス有効期間中は追加費用なしで最新版の辞書が使える。

 なお、イーストは2020年代の辞書の有効活用を考える「辞書活用シンポジウム」を、11月23日に同社のセミナースペース(東京都渋谷区)で開催する。参加は教職員、学校関係者限定で、定員は先着50名。参加費は1000円。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0