Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

小学生の保護者対象の宿題意識調査、子どものやる気を引き出す決定的な解決策は見当たらず

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/16 12:55

 小学館集英社プロダクションは、全国の小学生の子どもを持つ保護者330名を対象に実施した、インターネットによる宿題に関するアンケート調査の結果を、10月15日に発表した。小学生の子どもを持つ保護者の多くが、自分の子どもを学習に向かわせるために四苦八苦していることが伺える調査結果となった。

 保護者が自分の子どもを宿題に取り組ませるための対応として、最も多かったのは「はじめる時間を決めさせる」(34.5%)、次いで「やらないとゲームができないなどマイナスの条件を出す」(28.8%)、「ご褒美などプラスの条件を出す」(28.5%)、「とにかくやりなさいと言い続ける」(27.6%)、そして「何も言わない」(17.3%)が上がった。子どもを宿題に取り組ませるために、これといった解決策は定まっていないことが分かった。

子どもを宿題に取り組ませるための対応
子どもを宿題に取り組ませるための対応

 また、子どもを学習する気にさせたい時の解決策を探す際は、「子育て情報サイト」(26.0%)が最多で、次いで「近親者の意見」(24.5%)、「ママ友の意見や口コミ」(23.1%)、「雑誌、新聞、テレビなど」(18.7%)、そして「情報誌など」(18.3%)といった回答が続いた。保護者の情報収集方法が分散傾向にあり、解決の糸口が見つからない様子も垣間見えた。

子どもを学習する気にさせたい時に頼る解決策

子どもを学習する気にさせたい時に頼る解決策

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0