Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Retty、東大大学院と連携してデータサイエンティスト育成を支援

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/10 18:42

 Rettyは、4月より東京大学大学院情報理工学系研究科が実施する「領域知識創成教育研究プログラム」と連携しており、10月1日から同社が提供しているビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」の一部データを同プログラムで活用し、研究成果を「Food Data Platform」への事業推進、および実名口コミグルメサービス「Retty」のサービス拡充に役立てていく。

 Rettyと「領域知識創成教育研究プログラム」との連携は、データサイエンティストの養成・育成支援を目的としたもので、同プログラムではRettyから提出した自然言語処理や画像解析を通したテーマに取り組むとともに、同社のデータサイエンティストも講義に参加し、学生と双方向のディスカッションを行うことで、ビジネス課題解決能力の養成に寄与することを目指す。

 「Food Data Platform」は、「Retty」サービスに蓄積され、日々更新される食領域の各種データを収集・格納・整形・統合・管理し、企業のサービスとのシームレスなデータ連携を可能にするビッグデータ連携基盤。

 提供データには、「Retty」ユーザー4000万人の食の嗜好性やトレンドといったCGMデータ、Retty独自の高度計算処理によって得られた人気店データ、機械学習やグラフアルゴリズムで計算された高付加価値データなどが含まれている。

 「領域知識創成教育研究プログラム」は、データサイエンティストの育成を目的に開設された、東京大学の大学院生を対象にした教育プログラム。データサイエンスの根幹を支える数理的手法や情報処理技術を学ぶ「基礎課程」、ビジネス課題解決能力を養成する「応用課程」、先進的なデータサイエンスの研究を遂行する「実践課程」を通じて、ビッグデータから社会的価値の高い知識を引き出す手法を広く学習することを目的としている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0