Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

女子中高生がSDGsの課題をプログラミングで解決する「iamtheCODE Hackathon」が開催、参加者も募集中

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/20 15:30

 みんなのコードは、Waffleと、STEAM教育を推進するアフリカの非営利団体 iamtheCODE(アイアム・ザ・コード)と協働し、11月9日・10日に日本オラクル本社(東京都港区)でハッカソンを開催する。

 本ハッカソンは、テクノロジーの楽しさや、将来のロールモデルに触れる機会を10代の女性に提供することを目的に開催される。今回は、2030年までに100万人の女性エンジニアを育成するために活動しているアフリカのSTEAM系NPO iamtheCODEと、日本国内の女子中高生へコンピュータサイエンスやスタートアップ体験を提供しているWaffleが、みんなのコードと協働する。

 ハッカソン以外にも、持続可能な社会を世界レベルで実現するために国連で合意された「SDGs」をテーマにした講義や、10代の女性たちに課題を解決する手段として知ってもらうためのプログラミング体験、デザイン思考のワークショップが実施される。

 開催日時は11月9日と10日の9時から17時。会場は日本オラクル本社。参加対象は11歳から18歳までの女性(中高生)および学校となっており、個人・学校単位での応募ができる。参加費は無料。

 なお、参加には事前の申し込みが必要で、Peatixの応募ページより可能。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0