Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

イー・トラックス、教師のプログラミング教育への理解深めるため、講座を無償提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/10 16:40

 キッズプログラミング学習システム「まなるご」を提供するイー・トラックスは、「デジタルアート×プログラミング講座」を、9月下旬から小学校向けに無償提供する。

 今回提供するのは、全国の「まなるご」教室で提供する「デジタルアート×プログラミング講座」を小学校でのプログラミング教育授業の際に活用できるよう、集合教育向けに作り直したもので、必要なノウハウとツールを含め、希望する学校に、9月から2020年3月まで無償で提供する。これにより、教員がプログラミング教育に触れる機会の格差を是正し、一定水準のプログラミング教育が実施しやすい環境を整える狙いがある。

 「デジタルアート×プログラミング講座」は、ドロー(お絵かき)ソフトでオリジナルのキャラクターを作るアート部分とオリジナルのキャラクターを使って、Scratch(スクラッチ)でプログラミングするプログラミング部分で構成されている。

 この授業を行うにあたって必要なレジュメやファイルなどを提供するとともに、講師用のレジュメや解説動画をあわせて提供することで、プログラミングの知識がなくても授業を行うことが可能。なお、パソコンとインターネット環境は学校側で用意する必要がある。加えて、ドローソフトで使用するペンタブレットも、先着順で一部貸し出しが可能だが、学校側の準備が必要。

 申し込みは、9月下旬より、同社Webサイト上のフォームから可能となっている。

 また、本件について、学校の先生を対象とした、ハンズオンセミナーを開催する。年内に京都で実施した後、東京や名古屋など主要都市を中心に開催することを予定している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0