Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

DJI、世界の学生エンジニアが集うロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/02 17:12

 中国のDJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を、8月3日~11日(現地時間)に中国・深セン市で開催する。

ROBOMASTER
ROBOMASTER

 「ROBOMASTER」は、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニアが世界中から参加し、チーム単位で競い合う世界最大級の次世代ロボットコンテスト。優勝チームには、ゴールドメダルと7万5000米ドルが贈呈される。

 同コンテストでは、参加チームがエントリーから9か月間、大会で必要なチームワーク、ゲーム戦略やテクニカルに関する問題を解決する能力、理論的な知識を実践で活かす能力などが複合的に試される。

 若い学生エンジニアたちがスキルを実際に披露し、工学をエンターテインメントとして紹介できるプラットフォームで、コンテストを通じて学んだことを、社会が抱える課題を解決する実用的なアプリケーションやソリューションとして開発する可能性を秘めている。

 日本からは、福岡の大学生や高専生、社会人など九州内外のエンジニア約50名で構成されるロボットチーム「FUKUOKA NIWAKA」が前年(2018年)に続いて出場する。同チームの活動資金や製作環境はニワカソフトがサポートし、前回大会では初出場ながらベスト16に入っている。

 「ROBOMASTER 2019」の様子は、ニコニコ動画でのライブ配信を予定しており、タレント/ソフトエンジニアの池澤あやかさんを現地中継レポーターに起用し、「FUKUOKA NIWAKA」の出場試合を中心に現地から生の声を届ける。なお、全試合の模様はTwitchでも配信される(英語のみ)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0