Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

中学校でIoTを活用した熱中症対策のトライアル実施、リアルタイムの注意喚起を目指す

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/31 16:15

 大阪府吹田市、西日本電信電話(NTT西日本)、NTTフィールドテクノ、フジクラは、IoT向け通信規格の1つである「LoRaWAN」を活用して収集したデータに基づいて暑さ指数を見える化し、タイムリーな注意喚起を実施する新たな熱中症対策のあり方について、公立学校における実用性を検証するトライアルを、7月30日~9月30日の期間に実施する。

 同トライアルでは、吹田市立南千里中学校の運動場と体育館に計測センサを設置し、温度・湿度・輻射熱などを計測し、計測データはLoRaWANを通じてクラウド上に蓄積して、職員室内のパソコン・タブレット端末などから暑さ指数などを見える化できる。

ネットワーク・計測センサーなどの構成イメージ
ネットワーク・計測センサーなどの構成イメージ

 また、運動場や体育館に設置したパトランプやメールによって、教職員、生徒などにタイムリーな注意喚起を行い、暑さ指数に応じた速やかな対処を促す。

 トライアルでは、これまで教職員が温湿度計を確認して実施していた危険度の判断を、職員室のパソコンやタブレット端末、運動場や体育館に設置したパトランプ、メールによって見える化することで、タイムリーな注意喚起につながる効果が得られるかを検証する。

データ収集~通知(警告)までのフロー
データ収集~通知(警告)までのフロー

 さらに、暑さ指数を5段階で表示することによって、暑さ指数に応じた対応の検討を行うほか、屋内外のデータを一定期間取得することで、安定した通信が継続的に実施されるかを検証し、LoRaWANと計測センサとの通信の検証を行う。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0