Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ケンブリッジ大学出版の英語教員研修プログラム、文科省が実証事業として採択

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/16 15:40

 6月17日、文部科学省による本年度「生徒の発信力強化のための英語指導力向上事業(オンライン・オフライン研修実証事業)」において、ケンブリッジ大学出版の英語教員向けプログラムが採択された。

 2020年度から順次実施する新学習指導要領において、中学校では、対話的な言語活動を重視し、授業は英語で行うことを基本とする。また、高等学校では、統合的な言語活動を通して5つの領域を総合的に扱う科目や発信能力を高める科目などを設定することとしている。

 同事業では、生徒の「話すこと」「書くこと」といった発信型の技能に課題があることを踏まえ、中・高等学校の英語教員の過重な業務負担となることなく、英語教授法等の理論に基づいた効果的な指導法を身に付けるように、オンラインと集合形式で行う研修(以下、 「オンライン・オフライン研修」)を融合した指導力向上研修を実施し、その効果を検証する。

 オンライン・オフライン研修は、ケンブリッジ大学出版が保持する英語教員向け専門能力開発プログラムの要素を取り入れたもので、日本の英語教育において特に課題とされてきた発信力の育成を強化する研修内容で構成されている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0