SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

Classi、「builderscon tokyo 2019」参加学生を支援するスカラシップを提供

 Classiは、8月29日・30日・31日に開催される「builderscon tokyo 2019」への参加を希望する学生に対して、チケット代、交通費、宿泊費(合わせて上限4万円)をサポートする「builderscon tokyo 2019_Classi Scholarship Sponsor」の支援対象者を募集している。募集枠は4名で、応募期限は8月7日17時。

 「builderscon tokyo 2019」は、「知らなかった、を聞く」をテーマにした技術を愛するすべてのギークたちの祭典で、8月29日・30日・31日に東京電機大学の東京千住キャンパス(東京都足立区)で開催される。

 同社は、「子供の無限の可能性を解き放ち学びの形を進化させる」を理念に、教員・生徒向けのクラウド型学習支援サービスを提供する、ベネッセとソフトバンクの共同出資によって設立されたベンチャー企業。

 生徒向けには、1人ひとりの難易度にあわせた「Webテスト」や、授業外でも学べる学習動画の配信、教員向けには生徒のデータを一元管理できる「生徒カルテ」や、生徒・保護者宛にオンラインで連絡可能な「校内グループ」といったサービスを提供している。

 同社は、コミュニティの活性化とエンジニアを目指す学生の支援を目的に、今回の「builderscon tokyo 2019」に「Scholarship Sponsor」として参加する。

 応募資格は、日本国内に在住し、2019年8月29日時点で学生(博士、修士、学部、学年不問。高専生、高校生も可)であり、「builderscon tokyo 2019」へ参加するために飛行機や新幹線を使う必要がある人。また、支援を受けるにあたっては、イベント後に参加レポートを書く必要がある。

 なお、支援対象者は申し込みの際に行うアンケート内容をもとに選考する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2278 2019/06/13 16:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング