SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

イベントレポート(プログラミング教育)

N高生ならではの悩みを解決! SlackのCTOも審査に参加したチャットボットのアイディアソン


 カドカワが設立したネットの高校「N高等学校」。同校ではホームルームや部活でのやり取りなどにコミュニケーションツールの「Slack」を活用している。Slack Japanは5月10日、N高のプログラミングクラスに通う生徒約30人をオフィスに招き、Slackを使ってN高での学校生活を楽しくするためのアイディアソン「Slack Tank for N High School」を開催した。本稿ではその模様をレポートする。

普段使っているツールの開発者に会える!

 今回の取り組みに合わせて米・Slack TechnologiesよりCTOのカル・ヘンダーソン氏が来日。冒頭で「今日の取り組みはすばらしいものです。ぜひ楽しんでいってください」と生徒たちに向けてあいさつした。

Slack Technologies CTO カル・ヘンダーソン氏
Slack Technologies CTO カル・ヘンダーソン氏

 アイディアソンは生徒が動物の名前を冠した5チームに分かれ、「学校生活をより有意義にするためのボットのアイディア」をそれぞれ考えるというもの。各チームにはSlack Japanの社員が、議論を促したり、アイディアを記録したりするといったサポートとして入った。

Slack Japanの社員が自ら生徒のアイディア出しをサポート
Slack Japanの社員が自ら生徒のアイディア出しをサポート

 アイディア出しの時間は40分と決して長くはない。生徒も最初は緊張していたものの、徐々に「N高ならではの課題」を見つけ、具体的な解決方法について活発に話し合う様子が見られた。

次のページ
N高生のリアルな悩みがアイディアを生み出した

この記事は参考になりましたか?

イベントレポート(プログラミング教育)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森山 咲(編集部)(モリヤマ サキ)

EdTechZine編集部所属。好きな言葉は「愚公移山」。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2163 2019/05/25 08:29

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング