Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

子ども向けプログラミング教育サービス「TechAcademyキッズ」、「Scratch3.0」に対応したコースの提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/22 15:45

 キラメックスが運営する、学習塾・教育者を対象にした子ども向けプログラミング教育サービス「TechAcademyキッズ」は、Scratchの最新版である「Scratch3.0」に対応したコースの提供を、4月18日に開始した。

 新たに提供を開始した「Scratch3.0」対応コースでは、これまでAdobe Flashで動作しており、パソコン中心の提供だった学習コンテンツをHTML5で動作するようにしたことで、タブレット端末だけで学習できるようになっている。

教材画面イメージ
「Scratch3.0」対応コースの教材画面イメージ

 「TechAcademyキッズ」は、独自開発の学習システムによって、生徒が1つの画面でも迷うことなく学習を進められる子ども向けプログラミング教育サービス。また、本部のメンター(講師)がオンラインで現場の指導者や生徒に対してプログラミングの指導・学習支援を行うサポートを提供している。

 学習内容のうち、初級の部分ではScratchを用いてプログラミングの基礎を学習するとともに、本格的なコーディングを行う中級/上級コースも提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0