Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

グロービス、「GLOBIS-AQZ」プロジェクトを発表、囲碁世界一と若手棋士育成を目指す

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/18 16:53

 グロービスは、世界第2位の囲碁AI「AQ」の開発者である山口祐氏、日本棋院、囲碁AI「Raynz」を開発し国際大会への出場経験があるトリプルアイズと合同で、囲碁AI世界一と若手棋士育成を目指す「GLOBIS-AQZ」プロジェクトを、4月18日に発表した。

 「GLOBIS-AQZ」プロジェクトでは、山口氏が「AQ」をベースに囲碁AIの思考アルゴリズム開発とAIの強化学習を設計するとともに、トリプルアイズが強化学習におけるレーティング結果の計測・可視化、グロービスがAIの強化学習に向けた大規模演算のためのインフラ構築と最適化の支援を行う。

 さらに、日本棋院は若手棋士育成の一環として、プロ棋士の学習支援に「GLOBIS-AQZ」の導入を予定している。

 「GLOBIS-AQZ」は、2月から学習システムの開発とテストを進めており、4月18日の段階では9路盤での予備実験を実施中。5月以降は19路盤での本学習を開始する予定で、8月に中国・山東省で開催される「2019 中信証券杯 第3回世界電脳囲碁オープン戦」に出場して優勝を目指す。

 「世界電脳囲碁オープン戦」への出場後は、「GLOBIS-AQZ」のソースコードと計算データを公開し、誰でも自由に利用できるようにする。

 また、「GLOBIS-AQZ」プロジェクトでは産業技術総合研究所(産総研)と共同で、「高性能計算機を用いた強化学習モデルの最適化に関する研究」を行う。同研究では、産総研の大規模計算資源であるAI橋渡しクラウド「ABCI」を利用して強化学習を実施するとともに、東京大学・松尾研究室から助言を受ける。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0