Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

CA Tech Kids、アジアの子どもを対象にしたアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2019」の日本代表を決定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/13 18:16

 CA Tech Kidsは、3月17日に香港で開催される、アジアの子どもを対象にしたアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit(アップジャミングサミット) 2019」の日本代表決定戦を行い、代表選手3組を決定したことを、3月12日に発表した。

 「AppJamming Summit」は、アジア太平洋地域を中心とした若きプログラマーのためのアプリ開発コンテスト。Android対応アプリ開発ツール「App Inventor 2」を用いて、事前に提示されるテーマに沿ったアプリやゲームなどを開発し、作品の出来栄えを競い合う。

 今年度から日本も初参加し、CA Tech Kidsが運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」が、日本事務局として日本代表決定戦を実施した。

 3月3日に東京・渋谷で実施した日本代表決定戦(Semi-Final)では、書類審査で選ばれた12組がアプリのプレゼンテーションを行い、香港事務局との厳正なる審査の結果、上位3組を決定、表彰している。

 代表選手3組のうち、日本予選で1位だったのは、菅野楓さん・晄さんによる「MENUPIC」。文字が読めない国でも安心してレストランでの注文ができるよう、スマートフォンカメラでメニューを撮影すると、どんな料理なのか画像表示して教えてくれるアプリ。APIを活用することで58か国の言語に対応する。

MENUPIC
MENUPIC

 日本予選で2位だったのは、井上将煌さんの「Koto ~Four Seasons Music in Japan~」。日本の伝統的な楽器である琴の音色で、四季折々の曲を演奏できるリズムゲーム。

Koto ~Four Seasons Music in Japan~
Koto ~Four Seasons Music in Japan~

 日本予選で3位だったのは、クルモフ斗務さんの「Find Culture」。国名とカテゴリを選択すると、おすすめの料理や観光スポットを紹介してくれる。

Find Culture
Find Culture

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0