Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

小中高生向け通信講座「進研ゼミ」、全学年横断型英語教材「12段階習熟度別トレーニング」を4月号教材から導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/12 13:00

 ベネッセコーポレーションが運営する小中高生向け通信講座「進研ゼミ」は、全学年横断型英語教材「12段階習熟度別トレーニング(Challenge English)」を、2019年4月号教材から導入する。

 「12段階習熟度別トレーニング」は、「聞く・読む・話す・書く」の“4技能スパイラル”学習によって、基礎から高校卒業レベルの12段階で、自分に合ったレベルで入試や英語検定試験に向けた得点力まで伸ばせるトレーニング。

 英語を使うことを重視した「デジタルレッスン」によって、自宅で何度も繰り返しながらたっぷり英語を学習でき、目標や取り組み状況に合わせて取り組むべき学習が個別にカスタマイズされるので、忙しい小中学生でも無理なく続けられる。

 さらに、通常のレッスンとは別に、追加受講費なしで英語の検定試験対策レッスンや、年1回の「4技能検定対策テスト」も受けられる。

 “4技能スパイラル”学習は、「聞いたことを話す」「話したことを書く」のように、「聞く・読む・話す・書く」すべての技能をスパイラルさせながら4技能をバランスよく伸ばせる英語学習法。とりわけ、日本人が苦手とする「話す」技能は、全レベルの学習に組み込まれているので、無理なく伸ばせる。

 Level1~8は、英語4技能をバランスよく基礎から楽しく学べるようになっており、レッスン終了後には学習内容の振り返りをまとめた「Today's Report」によって学習の確認が可能なほか、学習内容を保護者へメール送信する機能も備えている。

 Level7~12は、1つのテーマで「聞く・読む・話す・書く」をトレーニングし、各技能の最新検定試験の内容分析をもとにした問題形式なので、検定試験対策もできる。

 そのほか、有料オプションとして外国人講師との個別オンラインレッスン「マンツーマントーク」も用意する。小学生向けでは、体を動かしながら学べるゲーム形式のレッスンから外国人講師とのフリートークまで、子どものレベルに合わせたレッスンとなっており、中高生向けでは外国人講師とのオンラインレッスンの前後に日本人講師とのライブ授業を用意しており、学習内容の効率的な定着が可能になっている。

 なお、「12段階習熟度別トレーニング」は「進研ゼミ」各講座に含まれており、各学年の「進研ゼミ」受講費で利用できる。

 「進研ゼミ」の、税込の1か月あたりの受講費(12か月分一括払い)は、小学生向けが2926円~5626円、中学生向けが5871円~6765円、高校1・2講座が1教科あたり5900円、大学受験講座が1科目あたり5365円。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0