SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

「スマートトイ」でプログラミングの世界に触れてみよう!

世界的に注目を浴びるロボティックボールが進化して登場! LEDスクリーンが搭載された「Sphero BOLT」

「スマートトイ」でプログラミングの世界に触れてみよう! 第5回

 2020年のプログラミング必修化に向けて、子どもが気軽にプログラミングを学ぶことができるマイコンボードや学習サービスが多く開発されています。その中でも、遊びながらIoTを体験できる「スマートトイ」は、プログラミングに興味を持つためのツールとして注目を浴びています。本連載では、プログラミングの世界を知る最初の一歩にオススメのスマートトイを紹介していきます。連載第5回は、プログラミングを学ぶことができるロボティックボール、「Sphero」シリーズから新発売した「Sphero BOLT(スフィロ ボルト)」を紹介します。

プログラミングが学べるロボティックボール「Sphero」とは?

 Spheroを開発しているアメリカの企業Sphero社は、スターウォーズに登場するドロイドの「BB-8」や「R2-D2」といったロボットトイで有名です。

 その中でも、さまざまな色に光りながら転がるボール型のロボット、Spheroシリーズは世界中の子どもから大人までの幅広い層に人気です。Bluetoothでデバイスと接続するだけで、簡単に30m以内にあるSpheroの制御を可能にします。

 本記事で解説するSphero BOLTの他にも、STEM教育の学習に特化した「Sphero SPRK+」、表情認識機能が搭載されている「Sphero Mini」など、さまざまな種類が発売されています。

Spheroシリーズの最新作、「Sphero BOLT」の新機能

「Sphero BOLT」
「Sphero BOLT」

 Sphero BOLT本体は、これまでのSpheroと同様に非常に強い耐衝撃性を持つポリカーボネート製。操作に慣れず壁に強く当たっても壊れることがありません。充電方法もSphero SPRK+同様、付属品の非接触ワイヤレス充電器を使用します(Sphero SPRK+の充電台はSphero BOLTに使用できません)。

非接触ワイヤレス充電器で充電している様子
非接触ワイヤレス充電器で充電している様子

スペック

  • 大きさ:直径73mm(野球ボールほどの大きさ)
  • 重さ:約200g
  • 充電方法:Micro USB Micro-Bの充電台の上に置く
  • 最高速度:秒速2m
  • 充電時間:フル充電は6時間
  • 最大プレイ時間:2時間
  • 対応アプリ:Sphero Edu(iOS、Android、Kindle、Chrome)、Sphero Play(iOS、Android)、Swift Playgrounds(iOS)
  • 参考価格:19310円(税込)

 そのほかにも、Sphero BOLTには以下の特徴があります。

  • 8×8LEDドットスクリーンによって、アニメーションや文字の表示が可能。
  • 光センサーが搭載され、明かりによってロボットを動かすことが可能。
  • 赤外線通信ができるため、複数のロボットでゲームすることが可能。
  • 自動エイミング機能が搭載され、内蔵されているデジタルコンパスによって自動的に正面方向の設定が可能。

 これらの特徴が加わったことでよりおもしろく、細かくプログラミングした上で動かすことができるようになりました。

 Sphero BOLTは以下のURLから購入可能です。

Sphero BOLTの内容物を確認しよう

 内容物は以下の通りです。

Sphero BOLTの内容物
Sphero BOLTの内容物
  • Sphero BOLT本体
  • 充電台
  • USBケーブル(Micro-B)
  • ステッカー
  • 分度器・方向、時計シート
  • 説明書(英語)

「Sphero Edu」とは?

 「Sphero Edu(スフィロ イーディーユー)」は、Sphero専用の教育向けプログラミングアプリです。ただ感覚的にSpheroを制御して動かすだけでなく、移動する方向や距離、時間、本体の色やディスプレイに表示する絵や文字を指定するプログラムを作成することができます。また、全世界のユーザーに向けて作成したプログラムを公開できるアプリ内コミュニティもあり、多くのユーザーと学び合うことができるのも魅力のひとつです。

「Sphero Edu」
「Sphero Edu」

次のページ
Sphero BOLTを動かしてみよう

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

「スマートトイ」でプログラミングの世界に触れてみよう!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

きき(dotstudio株式会社)(キキ)

 大学では法学を学びながら、児童福祉や社会的マイノリティに関するNPO活動に勤しんでいたが、ウェブメディアの制作に興味を持ち、プログラミングの勉強を始める。dotstudioではテクニカルライターとして初心者向けのIoT記事を執筆している。 Twitter:@kiiiiiki8...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1702 2019/01/30 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング