EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

コードモンキー・スタジオ、チャットボットづくりを体験できる「コードモンキー/チャットボット」日本語版のPythonコースを無償公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/03 16:40

 イスラエルのコードモンキー・スタジオは、チャットボットづくりを体験できる「コードモンキー/チャットボット」の日本語版である「トリビアチャットボット」を、12月3日に無償公開した。

 同社は、米Code.orgが主唱するプログラミング教育活動「Hour of Code」にて無償教材を提供しており、今回の「トリビアチャットボット」の無償公開は、「コンピューターサイエンス教育週間」に合わせて行われている。

 「トリビアチャットボット」は、Pythonを使ってメッセージのやり取りを行うチャットボットの作り方が学べる、パソコンのWebブラウザ上で動作するプログラミング教材。

 サルのモンタ・チャットボットが出すトリビア(豆知識)を問う質問にユーザーが回答すると、チャットボットが正否を判定して、チャットの最後に正答数に応じたメッセージを自動的に返す、という簡単なチャットボットの作り方を、16のエクササイズを通して学習できる。

トリビアチャットボット
「トリビアチャットボット」の学習イメージ

 同社が開発・運営している「コードの冒険」など他のコースでは、CoffeeScriptというプログラミング言語を使用しているが、CoffeeScriptはプログラムの構造を括弧ではなくインデント(字下げ)で表現するなどPythonの影響を強く受けているため、「トリビアチャットボット」は「コードの冒険」や「ゲームビルダー」を終了した学習者の次のステップとしても適している。

 なお、70のエクササイズを通して、ハングマン・チャットボット(相手の考えた単語を当てるゲーム)を作りながらPythonをより深く学べる「コーディング・チャットボット」は、2019年1月の発売を予定する。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0