Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

キカガクと日本MSが共同開催する「ディープラーニング ハンズオンセミナー Chainerコース」、「E資格」認定プログラムに採択

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/06 10:50

 キカガクは、日本マイクロソフトと共同で開催している「ディープラーニング ハンズオンセミナー Chainerコース」が、日本ディープラーニング協会(JDLA)の「エンジニア向けE資格」の認定プログラムに採択されたことを、11月5日に発表した。

ディープラーニング ハンズオンセミナー Chainerコース
 

 「ディープラーニング ハンズオンセミナー Chainerコース」は、ディープラーニングに豊富な知見を持つPreferred Networks監修のもと、「実務で必要な幅広いスキルセットを短時間で習得する」ことを目的としたセミナー。

 ディープラーニングを理解する上で必要となる数学から、ディープラーニングフレームワークであるChainerを用いたプログラミング、日本マイクロソフトが提供するパプリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で動作するGPU搭載マシンの環境構築まで、幅広いAI利活用ニーズに対応できるよう、実務で必要なスキルを学習する。

 受講内容は、オンライン事前予習が9時間、集合研修が8時間×3日間、および補講動画約30時間で、税別の受講費用は30万円。

 今回、同セミナーが「E資格」の認定プログラムに採択されたことで、セミナー修了と同時に「エンジニア向けE資格」への受験資格が得られるようになった。また、すでに同セミナーを受講済みの人も、オプションで提供される動画による補講(受講費用は税別10万円)を受講することで、「E資格」への受験資格が得られる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0