Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

電子黒板になるPC?――カメラ、3Dスキャナ内蔵のHP Sprout Pro

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/15 20:15

 12日、HPは、カメラ、3Dスキャナ、スタイラス、小型プロジェクターなどを内蔵した次世代PC「Sprout Pro by HP G2」を発表した。

Sprout Pro by HP G2
Sprout Pro by HP G2

今後のコンピューティングを担う
イマーシブコンピュータとしての位置づけ

 これだけだと教育や学校との関連が分からないが、カメラや3Dスキャナが書画カメラのような角度でディスプレイに取り付けられ、プロジェクタまたは大型スクリーンと接続すれば電子黒板のような使い方も可能な製品だ。カメラやスキャナを制御するユーティリティも用意され、教材や資料の投影はもちろん、3Dモデリングデータを作成したり、それを3Dプリンタに送ったり、アニメーションを作成したりと、通常授業からSTEM教育まで応用が可能となっている。

 HPではSprout Proを、AR/VRといったこれからのコンピューティングを担う「イマーシブコンピュータ」として開発し、製造業、小売業から教育機関まで幅広い市場を見据えているという(パーソナルシステムズ事業本部 ワークステーションビジネス本部 本部長 小島順氏)。売れないといわれるPCだが、近年の市場は回復基調にあると言う。HPも2017年第2四半期の業績も7%成長を達成しており、PCシェアはグローバルで1位になった。もう一つの中核事業であるプリンタも同様に業績を伸ばし、PC、プリンタの両事業部ともに好調だという(代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏)。

代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏
代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏

 このような中、HPでは業務用の特殊プリンタやデジタル輪転機に加え、3Dプリンタと3DやAR/VRに対応したイマーシブコンピュータを将来の市場として位置付け、今回のSprout Proの投入となった。なお、2016年末に製品発表を行った3Dプリンタも出荷が始まっている。

HPはイマーシブコンピュータと3Dプリンタをこれからの市場として位置付け
HPはイマーシブコンピュータと3Dプリンタをこれからの市場として位置付け

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中尾 真二(ナカオ シンジ)

    フリーランスのライター、エディター。 アスキーの書籍編集から始まり、翻訳や執筆、取材などを紙、ウェブを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは当時は言わなかったが)はUUCPの頃から使っている。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0