Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

クリエイティビティに不可欠な“Creative Confidence”のマインドセット

-[Vol.058]-------------------------------------------------------
このメールはEdTechZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
こんにちは。EdTechZine(エドテックジン)編集部です。


今回のおすすめは、激変する社会の中で生き抜くために、クリエイティビティを
発揮して課題解決に取り組む力が求められている中で、その鍵となる
「創造性に対する自信」をどのように育成するかについての記事です。
この「創造性に対する自信」の育み方について、IDEO Tokyoシニアディレクターの
野々村健一氏の発表をレポートしました。

詳細は、新着記事一覧をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0] 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事
[2] 人気記事ランキング
[3] 新着ニュース
[4] リクエスト/投稿
[5] バックナンバー/配信停止方法

EdTechZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => 
* Facebook => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:6本(8/23~9/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★クリエイティビティに不可欠な「自信」をどう身に付けるか? 
 “Creative Confidence”のマインドセット――Adobe Education Forum 2019
 激変する社会を生き抜くためには、クリエイティビティを発揮して課題解決に取
り組む力として「創造的問題解決能力」が求められるといわれる。未来において子
どもたちがこの力を発揮し社会で活躍するためには、教育における
「Creative Confidence(創造性に対する自信)」の育成が鍵となる。7月29日に
アドビが開催した教育関係者を対象としたイベント「Adobe Education Forum 
2019」では、基調講演にIDEO Tokyoシニアディレクターの野々村健一氏が登壇し、
「Creative Confidence」の育み方について語った。



◆生徒が主役の授業に! iPadや英語学習アプリを活用する宝仙学園中学校
 今や教育現場にICTは欠かせないものとなっており、iPadなどのタブレット端末
も普及しつつある。東京都中野区にある宝仙学園中学校では、昨年から生徒1人に1
台のiPadを導入し、多くの授業で活用している。その推進役の1人が、同校 総務部
長 英語科主任の對馬洋介先生だ。先生の英語の授業ではiPadと共に、リクルート
マーケティングパートナーズが提供するオンラインの英語学習サービス「スタディ
サプリENGLISH」をツールのひとつとして活用、生徒が自主的に勉強するような授
業を組み立てている。どのような授業を行っているのか。その様子を紹介すると共
に、ICT活用の効果などについて話を伺った。



◆「プログラミング体験」を通じて、未来の地域の担い手を育成
 ――大阪府泉大津市の取り組み
 大阪府泉大津市では、2018年より「人財育成」をテーマに民間企業と連携し、市
の子どもたちにさまざまな学びの機会を提供しています。2019年2月には
GMOメディア株式会社と「グローバル人財育成事業に係る連携協定」を締結し、
8月にGMOインターネットグループの大阪オフィスにて、泉大津市の小学生とその
保護者を招き「プログラミング・企業体験」イベントを開催しました。
今回のコラムでは、市が抱える課題や民間事業者と連携を図る理由、GMOメディア
との取り組みを中心にお話しします。



◆個別にカスタマイズされたレッスンと、発音を色で覚えるアプリ! オンライン
 英語研修「CORE NEI + BLUE CANOE」をやってみた【編集部体験記】
 昨今、多くのオンライン英会話サービスや発話認識アプリが登場し、手軽に
スピーキングの練習ができるようになってきました。とはいえ、その手軽さゆえに
なんとなく始めて、効果を感じられずに辞めてしまった人も多いのではないで
しょうか。今回、そんな英会話の"つまずきポイント"や、サービス側の工夫を
探るため、EdTechZineの編集部員が企業向けのオンライン英語研修を体験してみ
ました。受講した「CORE NEI + BLUE CANOE」のプログラムは、ビジネス向け
オンライン英会話サービス「NEI」と発音矯正アプリ「BLUE CANOE」を組み合わせ
たもので、アメリカのスタートアップ2社が協業して提供しています。従来のオン
ライン英会話やマンツーマンレッスンとは何が違うのでしょうか。実際に60日間8
レッスンのコースを体験してみて分かったポイントをまとめました。



◆私がエンジニアを目指す理由
 ――ロボコン世界大会で活躍の品川めぐみさんが女子中高生と語った
 「好奇心」と「キャリア」
 デジタルハリウッドが運営するエンジニア・起業家養成スクール、G's ACADEMY
が開催する中高生向けのプログラミング集中講座「G's ACADEMY YOUTH CAMP」。今
年の夏休みには、通常のコースに加えて女子中高生のための「G's ACADEMY YOUTH 
CAMP for GIRLS」が開催され、ゲストスピーカーとして、高校時代VEXなどのロボ
コンで活躍し、この秋からイスラエルの大学でエンジニアを目指す、品川めぐみ
さんが登壇。参加した女子中高生たちと、どんなアイデアを交わしたのだろうか。
当日の様子をレポートする。



◆動画教材を自作しよう! パワポやYouTubeを使った授業実践例の紹介
 本連載では公立高校の教員である筆者が、非モデル校においてゼロからICTを活
用した授業に取り組んだ際の知見と事例を紹介します。前回は、さまざまなWebサ
イトやアプリを活用した実践でした。今回は動画教材を自作する方法を
紹介します。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気ランキング(8/30~9/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 「プログラミング体験」を通じて、未来の地域の担い手を育成
   ――大阪府泉大津市の取り組み


●2位 クリエイティビティに不可欠な「自信」をどう身に付けるか? 
   “Creative Confidence”のマインドセット
   ――Adobe Education Forum 2019


●3位 個別にカスタマイズされたレッスンと、発音を色で覚えるアプリ!
    オンライン英語研修「CORE NEI + BLUE CANOE」をやってみた
   【編集部体験記】


●4位 私がエンジニアを目指す理由
   ――ロボコン世界大会で活躍の品川めぐみさんが女子中高生と語った
   「好奇心」と「キャリア」


●5位 急成長もそろばん塾より小さいプログラミング教育市場
   ――その現状と課題、将来性


<ニュース>

●1位 AI・RPAエンジニア養成プログラム「ROOKIE」、学生無料プログラムの
   提供開始


●2位 コードラン、プログラミングスクールカオスマップ(2019年9月版)を公開


●3位 文科省の人材育成事業に、社会情報大学院大学「実務家教員COEプロジェク
   ト」が採択


●4位 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」の著者も登壇、
   SRJ全国大会2019開催


●5位 先進学校の事例から見る、「Chromebook徹底活用セミナー」が
   東京・大阪で開催


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース:63本(8/22~9/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・学術英語のTOEFL、試験回数の増加や再受験可能期間の短縮でテスト体験が向上
 (09-05)


・四天王寺大学、実験を通して子どもたちに科学の面白さを伝える
 「科学実験教室」を開催(09-05)


・先進学校の事例から見る、「Chromebook徹底活用セミナー」が東京・大阪で開催
 (09-05)


・AI・RPAエンジニア養成プログラム「ROOKIE」、学生無料プログラムの提供開始
 (09-05)


・文科省の人材育成事業に、社会情報大学院大学「実務家教員COEプロジェクト」
 が採択(09-05)


・コードラン、プログラミングスクールカオスマップ(2019年9月版)を公開
 (09-04)


・ICTで教育旅行を一元管理・サポートする「旅ともプラス」運用開始(09-04)


・産学連携でテクノロジー教育を考える国際会議「Computer Science World in 
 Asia」が開催(09-04)


・「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」の著者も登壇、SRJ全国大会2019開催
 (09-04)


・タブレット型AI教材「atama+」、全国の駿台予備学校へ2020年4月より展開
 (09-04)


・仙台育英学園高等学校、教育機関としては世界初の「対人VR英会話レッスン」
 導入開始(09-03)


・多摩大学、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」採用(09-03)


・ベネッセ、OECDシュライヒャー局長単著 『教育のワールドクラス』出版記念
 シンポジウムを開催(09-03)


・オンラインAI学習サービス「Aidemy」、画面デザインを刷新し
 スマホ・タブレットに対応(09-03)


・「デジタルえほんアワード2019」応募作品を募集中、12月6日まで(09-03)


・AI・IoT・ロボット・ゲーム・CG分野を網羅した専門職大学、2020年4月開学
 (09-02)


・「F@IT Kids Club」と千葉工業大学がコラボし、小学生対象の「プログラミング
 キャンパス 2019」を実施(09-02)


・内田洋行、動画教材「はじめてのプログラミング」を「EduMall」利用校に
 無償提供(09-02)


・工作あそびで子どもの脳を育むドリル『きる・はる・おる くぼた式 
 育脳こうさく』が発売(09-02)


・ドローンプログラミング指導者向けのeラーニング講座、販売開始(09-02)


・子ども英語教室Lepton、ハロウィン期間限定企画「無料体験レッスンプレゼント
 キャンペーン」を実施(09-02)


・5歳児から小学生3年生を対象に、STEAM教育も受けられる英語の学童が開校
 (09-02)


・「ロボ団」が自律型ロボットプログラミング国際大会「WRO 2019」の日本代表に
 選出(08-30)


・AMDD、未来の医療を考える小学生向けアイディアコンテストを開催(08-30)


・東京通信大学、「公開講座2019」を9月7日に開催、テーマはプログラミング教育
 (08-30)


・NHK学園、俳句づくりのeラーニング「小島健&神野紗希のネット俳句講座」を
 開講(08-30)


・eスポーツ導入を検討する学校が70%以上、グローバル調査で判明(08-30)


・エンジニア志望の学生100名が回答した、プログラミング言語トレンド発表
 (08-30)


・アオイゼミと金融庁、共同開催の特別授業を9月21日にライブ配信(08-30)


・ロボット×紙工作で子どもの創意工夫を引き出す、「toio」のワークショップが
 開催(08-30)


・デジタル問題集と教員向け管理ツールを提供するリブリー、約3億円の資金調達
 (08-29)


・社会の課題解決を考える、小学生向けプレゼンテーション能力向上セミナー開催
 (08-29)


・STEAM学習振興会、チームラボの教材を用いたプログラミング教室を開校
 (08-29)


・知多市にて保育支援システム「コドモン」導入、事務業務の効率化図る
 (08-29)


・若手エンジニア・クリエイター向けイベント「BIT VALLEY 2019」、学生は交通
 費補助&参加費無料(08-29)


・ソニー、初心者も経験者も楽しめる2種類の「KOOVワークショップ」を開催
 (08-29)


・白鵬女子高等学校、AI型タブレット教材「Qubena」を導入(08-28)


・サブスクリプション型の授業評価アンケートサービス「E-Qs」提供開始
 (08-28)


・早稲田アカデミー、「SHANON MARKETING PLATFORM」でイベント業務を改善
 (08-28)


・オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」、教材を大幅リニューアル
 (08-28)


・全国どこからでも受講可、大学受験専門オンライン指導「Study Classe」
 リリース(08-28)


・マイナビ、「未来の教室」実証事業に地域企業の課題を考えるプログラム提供
 (08-28)


・地方の受験生を対象に「中央大学オンライン大学説明会2019」を9月7日に開催
 (08-28)


・進研ゼミ小学講座が「めざせ!ガンバリスター☆2019」を実施、9月30日まで宣
 言を募集中(08-28)


・中学受験に向けた保護者向けセミナー「6年生を迎える前に知っておきたい科目
 別学習ポイント!!」開催(08-28)


・子ども向けIT競技大会「エクサキッズ2019」が福岡で開催(08-28)


・イオレ、夏休みの宿題に関するアンケート実施、自由研究を手伝う親が半数
 (08-27)


・ロボット検定、中央出版らが運営するプログラミング教室にて10月実施
 (08-27)


・サンワサプライ、1学級分のタブレットを収納できる保管庫「CAI-CAB56W」を
 発売(08-27)


・防災をプログラミング的思考で考える、「防災プログラミングカード」無料提供
 (08-27)


・教育機関向けクラウド型Webページ運営サービス「edumap」の提供を開始
 (08-27)


・子ども向けプログラミング教室「F@IT Kids Club」が「わくわく!プログラミン
 グ体験 in富岡」を実施(08-26)


・Tableau、九州工業大学にデータサイエンス教育で協力(08-26)


・TART、トレノケートと共同でブロックチェーン入門コースの提供を開始
 (08-26)


・LoiLo、2019年度後期のiPad無料貸出の公募受付を開始(08-26)


・英語学習を習慣化するプログラム「Wiz Heart」、英語力測定試験「CASEC」導入
 (08-26)


・10カ国の中高生が参加するサイエンス合宿「Manai Summer Program 2019」が
 開催(08-26)


・英語学習アプリ「POLYGLOTS」、Siriショートカット機能に対応(08-23)


・ユーキャン、ロボット教材などを扱う知育商品通販サイトをオープン(08-23)


・中学生の声から生まれた、自宅での英語学習に最適なラジオ2機種が発売
 (08-23)


・「アーテックロボ2.0」がJavaScriptに対応、インターネット経由での制御が可
 能に(08-23)


・プログラミング教育番組のリアルイベント「めざせ!プログラミングスター
 LIVE」開催(08-23)


・スパルタ英会話、英会話力を数値化する自動認識テスト「VERSANT」を導入
  (08-23)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] リクエスト/投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。その他のご要望にも柔軟に対応して
まいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] バックナンバー/配信停止方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちらから⇒ 

メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/etz?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=edtechzine_regular_20190906&utm_medium=email

配信先の変更は、ログイン後、
「メールアドレス・パスワードの変更」からお手続きください。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/etz/
 よりお寄せください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 EdTechZine編集部
(c)2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0