Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ヴィリングとオライリー・ジャパン、STEM教育普及プロジェクト「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」を開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/06 16:00

 ヴィリングとオライリー・ジャパンは、小学生を対象に社会問題を解決するためのアイデアを募集するコンテスト「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」を開催する。

こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト
こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト

 「こどもエンジニアもんだいかいけつアイデアコンテスト」は、さまざまな問題を解決するための子どもたちのアイデアコンテスト。小学生向けSTEM教育スクール「ステモン」を運営する株式会社ヴィリングと、「Maker Faire Tokyo」を運営する株式会社オライリー・ジャパンが共同が共同で主催する。

 家族など身近な人や学校、地域、世界の問題への関心を高め、自分でも問題を解決できるという視点と自信を身につけてもらうこと、およびコンテストのために考えたアイデアを、将来子どもたち自身が実現可能になるような教育環境を、大人たちが作っていくきっかけになることを目的としている。

 募集部門は、「小学校低学年部門」(1~3年生)と「小学校高学年部門」(4~6年生)で、グループでも応募できる。

 応募にあたっては、「アイデアのなまえ」「どんなもんだいを、どのようにかいけつするのか」「デザインのとくちょう」「デザインの絵」を「エンジニアリングレポート」に記入し、参加申込書とともに事務局へ郵送する。審査基準は、「問題を発見する力」「その問題を解決する発想のユニークさ」「発見した問題とその解決方法をわかりやすく伝える力」で、募集期間は7月2日まで。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0