SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒で内々定を保有する学生のうち、64.2%に内々定辞退の経験あり【マイナビ調査】

 マイナビは、2023年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した「マイナビ 2023年卒 学生就職モニター調査 8月の活動状況」の結果を、9月26日に発表した。同調査は、8月25日~31日の期間に行われ、1682名(文系男子:300名、文系女子:451名、理系男子:427名、理系女子:504名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、自身の就職活動を漢字1文字で表してもらったところ、3年ぶりに「楽」が1位となった。3位には「耐」、同率7位には「疲」「無」、9位には「辛」、10位には「迷」と、就職活動の大変さを感じさせる文字がランクインする一方で、4位には「努」、同率5位には「進」「知」など前向きな漢字もランクインしている。

自身の職活動を漢字1文字で表すと
自身の職活動を漢字1文字で表すと

 就職活動のテーマ曲を尋ねた質問では、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」が1位となり、選んだ理由としては「就活中、この曲の歌詞に励まされた」といった意見が寄せられた。同率8位にはCreepy Nutsの「のびしろ」がはじめてトップ10に入っている。

自身の就職活動のテーマ曲
自身の就職活動のテーマ曲

 内々定を保有する学生に、内々定辞退の経験があるかを尋ねたところ、前年よりも4.0ポイント増の64.2%が「ある」と回答し、2年連続で増加した。

内々定辞退の経験が「ある」割合
内々定辞退の経験が「ある」割合

 内々定辞退の連絡をするときにどのように感じていたかを尋ねた質問では、「やや気が重いが仕方ない」(31.3%)、「誠意をもって連絡するのが当然だ」(30.7%)、「申し訳ない気持ち」(27.0%)が上位を占めている。

内々定辞退の連絡をすることについてどのように感じていたか
内々定辞退の連絡をすることについてどのように感じていたか

 内々定承諾書を出した後に内々定を辞退した経験があるかを尋ねたところ、前年よりも2.3ポイント増の15.7%が「ある」と答えており、2年連続で増加した。

内々定承諾書を出した後に内々定を辞退した経験
内々定承諾書を出した後に内々定を辞退した経験

 何歳まで働き続けたいと思うかを尋ねた質問では、平均は前年より0.5ポイント増の64.8歳で、男子の平均は66.2歳、女子の平均は63.7歳となっている。

何歳まで働き続けたいか
何歳まで働き続けたいか

 「人生100年時代」に向けた今後の働き方について尋ねたところ、「ワークライフバランスを重視してそこそこ働ければいい」という回答が男女ともに最多となった。

今後の働き方として自身の考えに近いもの
今後の働き方として自身の考えに近いもの
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8186 2022/09/27 19:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング