SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

マインクラフトを活用した高校でのPBL

区役所の方に向けて、地域の課題解決をマインクラフトで提案──高校におけるPBLの授業実践

マインクラフトを活用した高校でのPBL 第3回


 2022年4月から高等学校では、新学習指導要領がスタートしました。情報科も「情報Ⅰ」「情報Ⅱ」に科目名と内容が変わり、その中でプログラミングをどのように指導すればよいのかお悩みの先生も多くいらっしゃると思います。また、学びの中に探究活動を取り入れることも注目されています。これまでの知識偏重型の授業から、真の意味においての深い学びへとつながることが期待されているのです。本連載では3回にわたり、私立学校の情報科教員で「マイクロソフト認定教育イノベーター(MIEE)」でもある私が行った、マインクラフトを活用し、SDGsに関連したPBL(問題解決型学習)の授業実践を紹介します。最終回となる第3回では、大田区役所の方の前で行ったプレゼンテーションの内容を紹介します。

 本記事の著者である杉村先生は、2022年4月に中村中学校・高等学校へ異動されています。ここでは、前任校である大森学園高等学校で2021年度に行った実践を紹介しています。(編集部)

課題解決の方法を考え、大田区役所の方の前で発表

 前回の記事でお伝えした通り、生徒は授業を通して現実社会に存在する問題に対し、チームで協力して考え、解決策や代替案を出すという経験を得ることができました。そして授業の最後には、大田区役所の職員を学校に招き、プレゼンテーションを行いました。

 これに至った経緯としては、同区役所の職員の方から大田区都市開発の課題である「大田区都市開発マスタープラン」を頂いたことが始まりでした。もともと、自分たちで勝手に「大田区の課題はこれだ!」と解釈して発表するのでなく、現実社会に存在する問題に対してアプローチしたいというねらいがあったので、区役所に勤める方の実際の声を聞き、それをもとに問題解決型の学習ができることは非常にありがたいお話でした。

ただ単にマインクラフトの作品を発表するのではない

 発表会ではチームごとに発表を行いました。私が事前に生徒たちに求めたのは、「私たちがつくったマイクラの作品はこれです!」と、ただつくったものを紹介する発表ではなく、前述したように「どの問題に着目し、何の課題解決を目指して建築物をつくったのか」を丁寧に説明することでした。そして、生徒からは地域課題に着目した以下の発表が行われました。

  • 地域力:子どもと高齢者が交流できる「児老館」
  • 環境:大森海岸にゴミ処理場と水族館を併設/きれいな海をつくる施設/緑を増やし子どもたちの憩いの場となる公園
  • 福祉・子育て等:少子高齢化の問題を解決し、家族が住みやすい街を目指した大型ショッピング施設/教育格差を解消するための図書館
  • 災害に対する安全・安心:防災と再生可能エネルギーと導入した施設

 このように、中には実際に存在すれば、本当に大田区の問題解決につながりそうな斬新なアイデアもありました。生徒にも大田区出身者が多く、自分たちが通う学校がある大田区に対し、「住み続けられるまち」にするためにはどうしたらいいかを一生懸命に考えてくれました。

 発表後、区役所の職員の方からは「とても斬新なアイデアを頂いた」「今後もよいアイデアがあればぜひ採用していきたい」といったコメントを頂きました。

課題解決に向けて生徒がつくり上げたマインクラフトの建築物 課題解決に向けて生徒がつくり上げたマインクラフトの建築物
課題解決に向けて生徒がつくり上げたマインクラフトの建築物

次のページ
授業を通して知識・経験が活きることを実感

この記事は参考になりましたか?

マインクラフトを活用した高校でのPBL連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉村 譲二(中村中学校・高等学校教諭)(スギムラ ジョウジ)

 中村中学校・高等学校 技術科・情報科教諭。「マイクロソフト認定教育イノベーター」「Apple Teacher」「Apple Teacher Swift Playgrounds」「ロイロ認定ティーチャー」「MetaMoJi ClassRoom認定先生」等。大学卒業後、各私立学校で情報科教員として従事...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7986 2022/08/24 10:33

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング