SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース (PR)

令和の日本型学校教育を実現する「自由進度学習」とは? オンラインセミナー9月17日開催

 翔泳社が運営する教育ICTのWebメディア「EdTechZine」は、第19回オンラインセミナー「令和の日本型学校教育! 自由進度学習って何?」を9月17日に開催します。参加費は無料です(事前登録制)。

EdTechZineオンラインセミナー「令和の日本型学校教育! 自由進度学習って何?」
EdTechZineオンラインセミナー「令和の日本型学校教育! 自由進度学習って何?」

 EdTechZineオンラインセミナーでは、これからの時代に必要な教育を参加者の皆さまと一緒に考えていきます。第19回はヒロック初等部のスクールディレクターである蓑手章吾さんにご登壇いただきます!

 蓑手さんには2021年3月に開催された第1回のセミナーにもご登壇いただきました。今回は蓑手さんの数々の実践の中から、特に「自由進度学習」について掘り下げていきます。

 自由進度学習とは、学習者である子どもたち自身が進度や手段、めあてを決める学びです。これまでは一部のモデル校や先進校での取り組みが中心でしたが、近年は公立の小中学校でも取り入れる学校が増えつつあります。

「令和の日本型学校教育! 自由進度学習って何?」

講演内容

 これまでの画一一斉授業の課題点と、自由進度学習の理念やメリットについて、特別支援学校、公立学校、オルタナティブスクールで幅広く実践してきた経験をもとに具体的にお話します。

 自由進度学習は難しい方法ではなく、少しずつでも取り入れていける方法です。授業スタイルの幅を広げてみませんか?

 セミナーではQ&Aコーナーを設ける予定です。質問は事前にも受け付けています(すべての質問への回答は難しい旨、ご了承ください)。

蓑手章吾氏プロフィール

 2022年4月に世田谷に開校したオルタナティブスクール「HILLOCK初等部」のスクールディレクター(校長)。元公立小学校教員で、教員歴は14年。特別支援学校でのインクルーシブ教育や、発達の系統性、乳幼児心理学に関心をもち、教鞭をとる傍ら大学院にも通い、人間発達プログラムで修士修了。特別支援2種免許を所有。ICT CONNECT21が主催する「先生発!最新のICT技術で教育現場を変えるハッカソン」ではグランプリを受賞。

 現在はフリーの教育コンサルタントとして、さまざまな民間企業アンバサダーや小学校研究会講師、執筆活動などを行っている。主著『個別最適な学びを実現するICTの使い方』『子どもが自ら学び出す! 自由進度学習のはじめかた』(ともに学陽書房)など。

開催概要

  • 日時:2022年9月17日(土)14時~15時
  • 会場:オンライン開催(Zoom)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 参加対象:教育委員会・教職員などの学校関係者、その他教育関係者
  • 定員:400名(先着順)
  • 締め切り:2022年9月16日(金)13時

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7955 2022/08/20 14:55

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング