SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

ODKソリューションズ、大学入試事務向け評価入力・管理システム「iiscore」の提供を開始

 ODKソリューションズは、大学入試事務向けサービスとして、評価入力・管理システム「iiscore(イースコア)」の提供を、7月21日に開始した。

「iiscore」の画面イメージ
「iiscore」の画面イメージ

 「iiscore」は、大学入試における面接や小論文、グループディスカッション、事前課題などの採点に関する作業(採点準備、採点結果入力、採点結果一覧表示・データ管理)をWeb上で一元管理できる評価入力・管理システム。採点準備から合否判定までの業務をシステム上で一本化することが可能なので、学内事務工数を削減できる。

「iiscore」の概要
「iiscore」の概要

 志願者情報や提出書類などを、Web上でいつでも閲覧可能なので紙資料の作成が不要になり、システムで資料管理を行うことで紙の受渡しや持運びの必要がなくなるため、セキュリティの向上も図れる。

 Web上で情報を一元管理し、採点情報も「iiscore」上で直接入力できるので、志願者情報の共有や面接などの採点、点数の取りまとめなどが容易となり、学内の事務工数削減につながる。

 災害時や、新型コロナウイルス感染症などの影響によって、1つの場所に集まって書類の確認や採点が困難な場合でも、Web上での採点業務・管理が可能になる。

 そのほか、複数年分の入試データを蓄積できるので、過年度の振り返りによる入試データなどの分析も行える。

 なお、同社が2019年からサービス開発を進めているAI主体性評価エンジンによるエッセイの自動採点機能の、「iiscore」への追加も予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7880 2022/07/25 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング