SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

マイナビが「2023年卒企業新卒採用活動調査」の結果を発表、前年より採用予定数増の企業が6.1ポイント増

 マイナビは、全国の企業を対象に、2022年6月時点の2023年卒の採用活動および2024年卒の採用計画について尋ねた「2023年卒企業新卒採用活動調査」の結果を、7月19日に発表した。同調査は、6月3日~20日の期間に行われ、3176社から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、23年卒の採用予定数は「前年並み」(69.3%)がもっとも多く、「(前年より)増やした」(22.1%)がそれに続いた。21年卒はコロナ禍で採用予定数を「(前年より)減らした」企業が2割超だったのに対して、22年卒以降は「増やした」が2年連続で増加している。

採用予定数の対前年比較
採用予定数の対前年比較

 6月時点の採用充足率が「5割以上」である企業は、対前年比6.2ポイント減の44.3%で、コロナ禍前である20年卒の44.2%と同水準になった。

採用予定数に対して現在採用が確定している割合(採用充足率)
採用予定数に対して現在採用が確定している割合(採用充足率)

 採用活動における現時点での問題点としては(複数回答)、「母集団(エントリー数)の不足」(55.6%)が前年比21.2ポイント増、「選考受験者数の不足」(44.3%)も前年比14.0ポイント増となっている。

採用活動における現時点での問題点
採用活動における現時点での問題点

 エントリーした学生の印象を尋ねたところ、「前年と大体同じ印象」(54.5%)が最多だったものの、「前年よりも採用したいと思う学生が少ない」は前年比9.1ポイント増の25.2%を占めた。

エントリーがあった学生の印象
エントリーがあった学生の印象

 現時点での満足度の理由を尋ねた質問では、採用したいと思う学生が少ない企業からは「適性・志望度は例年に比べ高くはない」「能力・自社マッチ度が充分な学生に内々定を出せていない」といった回答が寄せられている。

採用活動における現時点での満足度の理由
採用活動における現時点での満足度の理由

 23年卒として採用する人材が、入社何年後に活躍することを期待しているかを尋ねたところ、「3年目」(45.7%)がもっとも多く、3年目以降の割合を合計すると81.7%に達した。

23年卒として採用する人材が入社何年後に活躍することを期待しているか
23年卒として採用する人材が入社何年後に活躍することを期待しているか

 採用広報で今後アピールすべきと思う項目としては(複数回答)、「SDGsに取り組んでいること」(31.6%)が最多となり、上場企業では「ダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいること」(21.2%)が非上場企業(6.4%)を大きく上回っている。

今後、採用広報でアピールすべきだと思うこと
今後、採用広報でアピールすべきだと思うこと
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7879 2022/07/23 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング