SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒学生対象の調査、先輩と比較して「今年の就職活動が厳しくなる」との回答が大幅減【マイナビ調べ】

 マイナビは、2023年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した、「マイナビ 2023年卒 学生就職モニター調査 2月の活動状況」の結果を3月24日に発表した。同調査は、2月25日~28日の期間に行われ、2435名(文系男子:455名、文系女子:653名、理系男子:581名、理系女子:746名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、2月までの就職活動の状況を尋ねたところ(複数回答)、「業界研究」(84.7%)や「企業研究」(86.8%)といった就活準備をした割合は前年よりやや減少し、「大学のキャリアセンターへの相談」(46.0%)や「合同企業説明会への参加」(50.3%)、「リクルーターと会った」(24.7%)などの割合は増加した。また、「1次面接を受けた」(59.4%)は前年とあまり変わらなかったものの、「最終面接を受けた」(28.8%)は前年より増加している。

2月までの活動状況
2月までの活動状況

 先輩と比較して、今年の就職活動について尋ねた質問では、「(かなり+多少)厳しくなる」が36.3%と前年よりも大幅に減少した一方で、「(かなり+多少)楽になる」(12.6%)も増えたものの、「厳しくなる」ほどの大きな変化ではなかった。

先輩と比較して今年の就職活動は
先輩と比較して今年の就職活動は

 厳しくなると思う理由としては(複数回答)、「新型コロナウイルス感染症の流行の影響があるから」(60.5%)がもっとも多く、楽になると思う理由としては(複数回答)、「企業がコロナ禍での採用活動に対応してきているから」(66.2%)が最多となっている。

厳しくなると思う理由
厳しくなると思う理由
楽になると思う理由
楽になると思う理由

 現時点で、就職活動に対し不安があるかを尋ねたところ、「不安がある」という回答は85.1%と前年よりやや減少した。

現時点で就職活動に対して不安がある割合
現時点で就職活動に対して不安がある割合

 不安に思う要因を尋ねた質問(複数回答)では、「志望企業から内々定をもらえるかどうか」(72.2%)がもっとも多く、前年と比較すると「企業と直接会う機会の減少」(19.0%)、「企業の採用規模が縮小されるのではないか」(16.9%)が大きく減少している。

就職活動で不安に思う要因
就職活動で不安に思う要因

 2月までの、インターンシップへの参加経験を尋ねたところ、「参加したことがある」とする回答は91.3%に達し、2年連続で減少したものの、依然として高い水準となった。

これまでにインターンシップに参加したか
これまでにインターンシップに参加したか
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7304 2022/03/29 11:55

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング