EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

米MS、「Windows 10 S」など、さまざまな教育機関向け製品・サービスを発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/08 18:05

 米Microsoftは、セキュリティとパフォーマンスを重視したOS「Windows 10 S」をはじめとする、教育機関向けの新たな製品・サービスを、5月2日(現地時間)に発表した。

 「Windows 10 S」は、Word/Excel/OneNote/PowerPointの全機能を含むOffice 365のフルバージョンをサポートするほか、アプリはWindowsストアからしかダウンロードできないようにすることで、安全性を高めている。また、「Windows 10 S」に付属するMicrosoft Edgeは、新機能の「Tab Preview Bar」によって、研究や学校のプロジェクト管理がさらにやりやすくなる。

 今後数か月間で、さまざまなパートナーから、多様な「Windows 10 S」搭載機器が発売される予定となっている。

 協働学習向けの製品としては、教室向けのMicrosoft Teamsが2017年後半に提供される。教室向けMicrosoft Teamsによって、教員は容易にコンテンツを配布し、成績を評価し、教材をパーソナライズするとともに、児童・生徒・学生、両親、学校職員とのコミュニケーションを可能にする教室向けデジタルハブが実現する。

 プログラミング学習向けの製品としては、「Minecraft: Education Edition」のオープンな世界と、「MakeCode」などのプログラミング学習プラットフォームとの組み合わせによって、プログラミングの基礎と可能性を学べる「Code Builder for Minecraft: Education Edition」の提供を行う。

 なお、「Minecraft: Education Edition」と「Code Builder」拡張機能のWindows 10向け1年間無料試用版は、すでにMicrosoft Store for Educationから提供が開始されている。

 さらに、学校内の既存のWindows Pro PC向けの無料「Windows 10 S」、教育機関向けWindows 10搭載PCに対応する「Minecraft: Education Edition」無料サブスクリプション1年分など、さまざまな教育機関向け無料製品/サービスを提供するほか、「Windows 10 S」をサポートするノートPC「Surface Laptop」を発売する。


【関連リンク】
日本マイクロソフト



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0