SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

23年卒学生、59%が週休3日制の企業で「働きたい」と回答【マイナビ調査】

 マイナビは、2023年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した、「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」の結果を1月19日に発表した。同調査は、「マイナビ2023」会員に対して12月21日~31日の期間に行われ、1695名(文系男子:326名、文系女子:671名、理系男子:307名、理系女子:391名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、2021年内にやっておけばよかった、もっと時間をかければよかったと思う就活準備を尋ねたところ(複数回答)、「自己分析」(57.9%)がもっとも多く、「業界研究」については文系学生(45.8%)が理系学生を13.8ポイント上回った。

年内にやっておけばよかった、もっと時間をかければよかったと思う就活準備
年内にやっておけばよかった、もっと時間をかければよかったと思う就活準備

 週休3日制を導入している企業に就職してみたいか、を尋ねた質問では、「ぜひ就職してみたい」(29.7%)、「どちらかというと就職してみたい」(29.3%)を合わせた割合が59.0%を占める一方、「就職したくない」(「あまり就職したくない」と「絶対に就職したくない」の合計)は5.9%となっている。

週休3日制を導入している企業に就職してみたいか
週休3日制を導入している企業に就職してみたいか

 週休3日制を導入している企業に就職した場合に、休日をどのように過ごしたいか、週休3日制を導入している企業に就職してみたいかといった質問に対する自由回答では、「週休3日制を取っている企業は少ないと思うので、先駆者となってチャレンジしている企業は、制度から見るだけでなく、いろいろな面からチャレンジして、社員のことを考える企業だと思わせてくれます」「現時点のような週休2日で、土日に向けて平日を最高なパフォーマンスで勤務場所で業務を全うした方が、生活にメリハリが出てよいように感じる」といった意見が寄せられた。

週休3日制の会社で働くとしたら、休日をどのように過ごしたいか
週休3日制の会社で働くとしたら、休日をどのように過ごしたいか
週休3日制を導入している企業について就職してみたいか回答した理由
週休3日制を導入している企業について就職してみたいか回答した理由

 働くときの理想の服装について尋ねたところ、「オフィスカジュアル」(50.1%)が最多となり、文系女子では63.9%に達している。理系学生では、男女とも「制服・ユニフォーム(作業服・白衣など)」が2割強を占めた。

社会人になった際、日々どのような服装で働くことが理想か
社会人になった際、日々どのような服装で働くことが理想か

 働くときの服装が入社意欲に影響するかを尋ねた質問では、「影響する」(「非常にそう思う」+「まあそう思う)の合計)という回答は33.1%だった。

社会人になった際にどのような服装で働くかが、企業への入社意欲に影響すると思うか
社会人になった際にどのような服装で働くかが、企業への入社意欲に影響すると思うか

この記事は参考になりましたか?

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6960 2022/01/21 13:50

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング