SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

GIGAスクール構想事例を紹介するセミナー、2月20日に開催【中川一史氏、村井万寿夫氏、小林祐紀氏登壇】

 翔泳社が運営する教育ICTのWebメディア「EdTechZine」は、第12回オンラインセミナー「小・中学校 1人1台端末環境のつくり方~『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』刊行記念セミナー」を、2月20日に開催します。参加費は無料です(事前登録制)。

小・中学校 1人1台端末環境のつくり方~『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』刊行記念セミナー
小・中学校 1人1台端末環境のつくり方~『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』刊行記念セミナー

 EdTechZineオンラインセミナーでは、これからの時代に必要な教育を参加者の皆さまと一緒に考えていきます。第12回は、翔泳社より2月15日に発売される『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』の刊行記念セミナーとして開催します!

 本書では、小学校・中学校の教員、教育委員会ほか教育関係者に向けて、GIGAスクール構想の導入期に見られるとまどいや工夫などのエピソード(取り組み事例)など、GIGAスクール構想を実現するために学校・教員がどう取り組んだのか、どう取り組めばよいのかについて紹介しています。

 セミナーでは著者の中川一史先生と村井万寿夫先生、小林祐紀先生にご登壇いただき、書籍の内容を深掘りする鼎談を実施します。

 なお、登壇者に直接質問できるQ&Aコーナーも設ける予定です。質問は事前にも受け付けています。(すべての質問への回答は難しい旨、ご了承ください)

 また、セミナーにお申し込みいただいた方全員に『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』を試し読みいただけるPDFを、一般配布に先駆けてプレゼントいたします。

「小・中学校 1人1台端末環境のつくり方~『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』刊行記念セミナー」講演詳細

 小中学校における1人1台端末・ICT利活用の実現を目指すGIGAスクール構想では、これまでのICT活用とは異なり、授業中のみにとどまらない、より日常的な活用が求められます。また、旧来の授業のあり方を再考する絶好の機会にもなるでしょう。

 本セミナーでは、2月15日刊行『GIGAスクール構想[取り組み事例]ガイドブック』編著・監修者が、1人1台端末環境による子どもたちの学び・教員や学校の意識の変容・今後の授業のあり方・留意点などについて解説します。

講師プロフィール

中川一史氏

 放送大学 教授。博士(情報学)。日本STEM 教育学会(副会長)、日本教育メディア学会(理事)。文部科学省「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」(副座長)、文部科学省「デジタル教科書の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議」(座長代理)などを歴任。

 監修「小学校プログラミング教育導入支援ハンドブック」(ICT CONNECT21)、『小学校プログラミング教育の研修ガイドブック』(翔泳社)、D-project(一般社団法人デジタル表現研究会)会長、ICT 夢コンテスト審査委員長。光村図書小学校国語教科書編集委員、日本文教出版高等学校情報教科書編集委員。

村井万寿夫氏

 北陸学院大学人間総合学部 教授。博士(教育学)。金沢星稜大学人間科学部教授・副学長を経て2018 年4 月より現職。AI 時代の教育学会理事、日本教育工学協会理事。文部科学省「デジタル教科書の効果・影響等に関する実証研究事業」有識者会議委員。専門は教育工学、教育メディア学、コンピュータ利用教育学、教科教育学、総合的学習教育学など。

 監修『情報リテラシー啓発のための羅針盤』(ラック)、『情報リテラシー啓発のための羅針盤 情報活用編』(ラック)。

 著書『ICTを使ってみよう!-今求められている学力を身に付ける手段として』(大日本図書)、『基礎から学ぶパソコン-しくみからデータ解析まで-』(共立出版)、『デジタル教材で理科が変わる-授業づくり事例集-』(ぎょうせい)ほか。

小林祐紀氏

 茨城大学教育学部 准教授。博士(学術)。公立小学校教諭を経て2015 年4 月より現職。専門は教育工学、ICTを活用した実践研究。日本教育メディア学会(理事)、日本デジタル教科書学会(理事)、AI 時代の教育学会(理事)。文部科学省ICT活用教育アドバイザー、文部科学省委託事業「学習者用デジタル教科書のクラウド配信に関するフィージビリティ検証事業」有識者会議(委員)などを歴任。

 編著・監修『コンピューターを使わない小学校プログラミング教育 “ ルビィのぼうけん” で育む論理的思考』『これで大丈夫! 小学校プログラミングの授業 3 +αの授業パターンを意識する[授業実践39]』『小学校プログラミング教育の研修ガイドブック』(いずれも翔泳社)、執筆『タブレット端末を授業に活かす NHK for School 実践事例62』(NHK出版)ほか。

開催概要

  • 日時:2022年2月20日(日)14時~15時30分
  • 会場:オンライン開催(Zoom)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 参加対象:主に小中学校教育関係者(小学校・中学校の教員、教育委員会、教育関係者)
  • 定員:400名(先着順)
  • 締め切り:2022年2月18日(金)13時

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6920 2022/01/23 11:40

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング