SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

31.7%がコロナ禍で留学への関心が減退、日本財団による18歳調査より

 日本財団は、全国の17~19歳の男女1000名を対象に実施した、「国際・多文化共生意識」に関する18歳意識調査の結果を、12月21日に発表した。同調査は、11月12日~16日の期間に行われている。

 調査対象者に、新型コロナ禍以降の留学意欲を尋ねたところ、40.7%(学生の42.5%)が留学への意欲・興味・関心があると回答した。うち31.7%は、新型コロナ禍で留学への関心が減退しており、21.4%は留学への関心の低下が現在も回復していないという。

新型コロナ禍以前と以降を比べた留学への意欲・興味・関心の増減
新型コロナ禍以前と以降を比べた留学への意欲・興味・関心の増減

 外国にルーツのある子どもが、小学校の同じ学年にいたという回答は32.5%、小学校の同じクラスにいたという回答が24.9%となっている。

「外国にルーツのある子ども」との接点
「外国にルーツのある子ども」との接点

 回答者の約6割が、外国にルーツのある子どもには国籍を問わず、自身と同等の教育・医療・福祉が提供されるべきだと答えており、反対意見を大きく上回った。

「外国にルーツのある子ども」の権利について(全体)
「外国にルーツのある子ども」の権利について(全体)

 とりわけ、留学に関心のある層は、日本に住む外国人・子息に肯定的な回答をする傾向が目立ち、国際交流経験・意欲と多様性受容の密接な関係がうかがえる。

「外国にルーツのある子ども」の権利について(留学関心層)
「外国にルーツのある子ども」の権利について(留学関心層)
「外国にルーツのある子ども」の権利について(留学関心なし層)
「外国にルーツのある子ども」の権利について(留学関心なし層)

 日本に住む外国人労働者対する、ポジティブな印象としては、「労働力減少抑制」が38.6%、「社会・経済活性化」が36.2%、「国際感覚改善」が35.1%となっている。一方、ネガティブな印象としては、「治安の悪化」(23.4%)、「日本人の就職奪う」(22.8%)、「社会保障コスト増」(19.4%)が上位を占めた。

「外国人労働者」への印象(全体)
「外国人労働者」への印象(全体)
「外国人労働者」への印象(留学関心層)
「外国人労働者」への印象(留学関心層)
「外国人労働者」への印象(留学関心なし層)
「外国人労働者」への印象(留学関心なし層)
「外国人労働者」への印象 社会へのポジティブな影響
「外国人労働者」への印象 社会へのポジティブな影響
「外国人労働者」への印象 社会へのネガティブな影響
「外国人労働者」への印象 社会へのネガティブな影響
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6823 2021/12/22 12:50

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング