SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小学校高学年以降、約5割の家庭で家族団らんが減少――原因は塾や習い事、友人関係など【スタジオアリス調査】

 スタジオアリスは、小学生の子どもを持つ男女400名と、中学生の子どもを育てた経験のある男女100名を対象に実施した、「小学校の卒業と家族時間に関する調査」の結果を12月16日に発表した。同調査は、11月2日~4日の期間に行われている。

 調査対象者に、子どもが小学校高学年になって以降、中学に入学するまでに、家族で過ごす時間が減っているかを尋ねたところ、約2人に1人が「感じる」(18.8%)「どちらかといえば感じる」(29.2%)と回答した。

 家族で過ごす時間が減っている理由としては(複数回答)、「塾や習い事に通い始めた」(59.6%)、「子どもが友だちと遊びに行く機会が増えた」(50.8%)のほか、「子どもが1人でスマホを見る時間が増えた」(33.3%)といった回答も寄せられている。

 家族と過ごす時間を増やすためにどのような工夫をしているかを尋ねた質問(複数回答)では、「毎日ご飯を一緒に食べる」(69.8%)、「毎日の出来事について子どもの話を聞く」(56.4%)が上位を占めた。

 小学生に、家族と一緒に過ごす時間に満足しているか尋ねたところ、「満足している」(25.0%)、「どちらかといえばそう思う」(59.3%)を合わせた割合が8割超を占めている。

 親とどのようなことをして家族の時間を過ごしたいかを尋ねた質問(複数回答)では、「一緒にお出かけしたい」(63.0%)がもっとも多く、「一緒にゲームがしたい」(44.5%)、「ご飯を一緒に食べたい」(42.8%)がそれに続いた。

 保護者に、子どもが成長するにつれて、家族で写真を撮る機会が減っていると感じるかを尋ねたところ、「感じる」(43.0%)、「どちらかといえば感じる」(38.6%)を合わせた割合が8割超を占めている。

 家族で写真を撮る機会が減っていると感じる理由としては、「一緒に出かける回数が減った」(58.8%)、「家族が揃う時間が減った」(48.8%)のほか、「子どものイベント事が減った」(42.4%)、「子どもが恥ずかしがるようになった」(41.9%)といった回答が寄せられた。

 小学校の卒業式に出席したいと思うかを尋ねた質問では、「思う」(71.8%)、「どちらかといえば思う」(21.8%)を合わせた割合が9割超を占めている。また、小学校の卒業式の写真を残したいと思うかを尋ねたところ、「思う」(73.5%)、「どちらかといえば思う」(21.8%)を合わせた割合が約95%に達した。小学校の卒業式の写真を残したい理由としては(複数回答)、「大切な節目だから」(89.5%)が最多で、「思い出になるから」(74.0%)、「成長を感じられるから」(67.2%)がそれに続いている。

 子どもの卒業式の写真を今後も撮りたいと思うかを尋ねた質問では、「思う」(71.8%)、「どちらかといえば思う」(23.3%)を合わせた割合が9割超を占めた。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6804 2021/12/19 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング