SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒学生、インターンシップなど企業選びは「検索」より「スカウトメール」を活用【学情調査】

 学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「スカウトメール」に関する調査結果を11月26日に発表した。同調査は、学情が運営するダイレクトリクルーティングサイト「あさがくナビ2023」来訪者に対して、10月21日~11月16日の期間に行われ、589名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、インターンシップなどの企業選びにおいて活用しているものを尋ねたところ(複数回答)、「インターンシップ情報サイトからのお知らせメール」(60.6%)がもっとも多く、「スカウトメール」(52.3%)が「条件を選択しての検索」や「フリーワード検索」を抑えてそれに続いた。

 スカウトメールに記載されていると嬉しいポイントを尋ねた質問(複数回答)では、「自分にスカウトを送ろうと思った理由」(71.8%)が最多で、以下「具体的な仕事内容」(61.3%)、「参加可能なインターンシップ日程」(56.0%)が続いている。学生からは、「Web履歴書を読んでくれていると感じると、プレエントリーしたくなる」「どのような点を評価されてスカウトされたかがわかると、自身が活躍できるかイメージしやすい」といった意見が寄せられた。

 プレエントリーしたくなるスカウトメールとしては(複数回答)、「希望する職種と合っている」(72.2%)、「希望する業界と合っている」(67.2%)、「『気になる』していた企業からのメール」(39.7%)、「インターンシップの日数が希望と合っている」(39.4%)が上位となっている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6719 2021/12/02 14:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング