SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

5・6歳児の7割が習い事経験あり、半数超の保護者が月謝が現在より増えてもよいと回答【Dai調査】

 Daiは、同社が運営するフランチャイズビジネス情報サイト「フランチャイズWEBリポート」が、子どもを持つ20~40代の男女2201名を対象に実施した、「習い事」に関するアンケート調査の結果を11月24日に発表した。同調査は、10月18日~28日の期間に行われている。

 調査対象者のうち、6歳以下の子どもがいる保護者(1575名)に、子どもが習い事に通っているかを尋ねたところ、「通っている」という回答が36.7%でもっとも多く、うち6.6%が「現在通っていて、追加での習い事も検討している」と回答した。「検討中」という回答も24.2%に達しており、約6割が「習い事に通っている・通う予定」であることが明らかになっている。

 年齢別では、子どもの年齢が上がるほど「通っている」という回答が多くなり、5・6歳では「通っている」が58.2%、「検討中」が12.4%と、約7割が「通っている・通う予定」であるという。0・1・2歳児についても、「通っている」が15.7%、「検討中」が30.3%と、「通っている・通う予定」が約半数となった。

 現在、子どもが習い事に通っていると回答した人に、現在通っている習い事を尋ねた質問では、「水泳」(17%)が他に大きく差をつけて最多となり、以下「英会話教室」(9.1%)、「サッカー」(8.4%)が続いている。

 男女別では、男女とも「水泳」がもっとも多く、それ以外は男女で違いはあるものの、ともに体を動かす習い事、勉強・文化系の習い事が半数ずつだった。

 子どもを習い事に通わせるようになった理由としては、「将来役に立つと思った」(23.6%)が最多で、「体力作り」(15.4%)がそれに続いている。なお、「子どもの意思」という回答は8.9%に留まった。

 現在、子どもが通っている習い事の月謝を尋ねたところ、「7001円~1万円以下」(24.8%)がもっとも多く、「5001円~7000円以下」(19.9%)がそれに続いており、5000~1万円が平均的な月謝となっている。

 子どもの習い事にかけてもいいと思う月謝を尋ねた質問への回答を、子どもが現在通っている習い事の月謝と比較したところ、現在の習い事の月謝と同じ「7001円~1万円以下」(24.3%)が最多となった。一方で、子どもの習い事にかけてもいいと思う月謝では、7000円以下が減少し、「1万円~1万5000円以下」(24%)がそれに続いている。

 現在、子どもが通っている習い事だけでなく、保護者自身や他の兄弟が通っていた習い事もあわせて、今までに通ってよかった・通わせてよかったと思う習い事を尋ねたところ、「水泳」(26.8%)が最多となっている。「水泳」がよかった理由としては、「体力をつけるには1番よい方法と思った」「溺れる確率が低くなるため、自分を守ることができる」「自己流では学べないから」といった回答が寄せられた。

 現在、習い事を検討中の保護者と、追加の習い事を検討している保護者に、検討中の習い事を尋ねた質問では、男女問わず「水泳」はいずれも約20%でもっとも多く、2位以降では現在通っている習い事よりも、少し高学年向けである書道やそろばんなどがランクインしている。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6686 2021/11/28 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング