SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒理系学生、6割が「身近にロールモデルとなりそうな社会人の先輩がいない」【ビズリーチ調査】

 ビズリーチは、同社が運営するOB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」が、登録者の2023年卒業・修了予定の理系の大学生・大学院生を対象に実施した、就職活動や卒業後のキャリアに関する調査の結果を11月11日に発表した。同調査は、10月14日~18日の期間に行われ、223名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、身近にロールモデルとなりそうな社会人の先輩がいるかを尋ねたところ、「いいえ」という回答が6割に達した。その理由としては「ゼミや知人以外で探す方法がわからない」(48%)がもっとも多く、「学業(研究活動含む)が忙しくて探す時間がない」(43%)がそれに続いた。

 卒業後のキャリアを考えるにあたって、話を聞きたいのはどのような社会人かを尋ねた質問(複数回答)では、「専攻や研究に関係のない分野に進んだ社会人」(87%)がもっとも多かった。そのほか「転職経験のある社会人」(77%)、「育児とキャリアを両立している社会人」(74%)なども上位を占めている。

 就職活動と学業の両立は、どの程度の負担があるかを尋ねたところ、「就職活動と学業の両立への負担がある」(「かなり負担がある」と「やや負担がある」の合計)という回答が96%に達した。

 大学にサポートしてほしいキャリア支援としては、「大学を介したOB/OGとのつながりの機会」「多様なロールモデルを示してほしい」といった回答が寄せられている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6608 2021/11/13 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング