EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

つくば市と東北大学、東京書籍、Lentrance、学習者用デジタル教科書に関する共同実証研究を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/26 10:50

 つくば市教育委員会、東北大学大学院 情報科学研究科 堀田龍也研究室、東京書籍、Lentranceは、GIGAスクール構想による学習者用端末と学習者用デジタル教科書の普及に対応し、学習者用デジタル教科書から得られる学習履歴の活用による指導改善や評価への活用の実現に向けた実証研究を2021年10月より開始した。

 同研究では、東北大学大学院 情報科学研究科 堀田龍也教授監修の下、つくば市の公立小中学校計12校を対象に、Lentranceの「Lentrance Analytics」(先行開発版)を活用して、児童・生徒の学習者用デジタル教科書・教材や、教師から配信されたプリントの閲覧履歴や操作ログなどの学習履歴データの収集・可視化を行う。

「Lentrance Analytics」のダッシュボードイメージ
「Lentrance Analytics」のダッシュボードイメージ

 収集・可視化したデータから、学習者用デジタル教科書の活用が児童・生徒の学習に対する意識に与える影響や、実際の授業の流れやねらい、授業中の教員の働きかけや児童・生徒の活動の内容と照らして学習履歴データを分析。その結果から、教員の働きかけが児童・生徒の活動に与える影響を定量的に把握し、学習者用デジタル教科書の効果的な活用法や、学習履歴データを活用したフィードバックの在り方について研究を行う。

 実証対象は、つくば市立小学校7校、中学校5校(義務教育学校含む)で、実施期間は10月~2022年3月末。なお、2022年度以降の継続については、4者の協議によって決定する。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0