EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

貴塾に合う教材がわかる!「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」無料配布中

教育関係者向けデジタルカタログ 第1弾

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/16 14:00

 本カタログは、学習塾向けのデジタル教材を提供する企業へ実施したアンケートへの回答をもとに、EdTechZine編集部が作成した資料です。14のデジタル教材について、機能や特徴などを比較しやすい一覧表の形式でまとめています。EdTechZineのメールマガジン会員にご登録いただいた方は無料でダウンロードいただけます。

※本カタログの提供は、EdTechZineのメールマガジン会員にご登録(無料)いただいた方限定のサービスです。ダウンロードにはログインが必要です。

「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」
「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」

本カタログについて

 教育者の役割が「ティーチング」から「コーチング」へと変わりつつある中、自学自習する自立学習型の学習塾も増加しています。

 そこで重要となるのが、生徒が学ぶための「デジタル教材」です。本カタログでは塾の運営者・講師の方々に向けて、14社の教材の特徴を比較しやすい表にまとめ、教材導入時の検討材料となる情報(対象学年や対応教科、各機能の有無など)をご提供します。

カタログ内データサンプルと、比較項目一覧(画像クリックで全体表示) カタログ内データサンプルと、比較項目一覧(画像クリックで全体表示)
カタログ内データサンプルと、比較項目一覧(画像クリックで全体表示)

 また巻頭インタビューでは、教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を提供する、スタディプラス株式会社 取締役COOの宮坂直氏に、デジタル教材の選定や、活用時のポイントについて解説していただきました。「Studyplus for School」は学習ログを自動で記録できるなど、複数のデジタル教材と連携しており、宮坂氏は導入塾での活用状況についても精通しておられます。

 学習塾を運営されており、デジタル教材の導入を検討されている方や選定中の方におすすめのカタログです。ぜひダウンロードしてご覧ください!

 なお掲載しているデータは、各教材の提供企業から寄せられたアンケート結果をもとに、EdTechZine編集部が取りまとめました。アンケートの監修は宮坂直氏が行っています。

※この記事で紹介したサービスの資料をダウンロードいただけます。資料は会員の方のみダウンロードしていただけます。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EdTechZine編集部(エドテックジンヘンシュウブ)

    翔泳社が運営する教育ICT(EdTech、エドテック)の専門メディアです。EdTechZineでは、「学びたい」「教えたい」という意欲を持つすべての方に向けて、ICTを活用した次世代の学びに関する情報を多角的な視点で毎日提供します。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0